マリエによるインスタ暴露動画!

(週刊文春)出川哲郎の枕営業強要の真相「セクハラ問題はガチ」マリエは炎上商法狙いだった

マリエによるインスタ暴露動画!

大騒ぎとなった「出川哲郎、紳助による枕営業の強要問題。」マリエの語った内容を出川哲郎サイドは真っ向から否定。真実が分からないまま時間が経過しましたが、ついに週刊文春が動き出しました。

 

週刊文春では出川哲郎たちによる当時のセクハラエピソードが明かされました。またマリエの語った内容もデマであった可能性も浮上。

マセキ解雇ついにお手上げ!「出川切るしかない」

(週刊文春)出川哲郎のセクハラ強要はガチだった!

4月14日発売の週刊文春は、最近世間を騒がせていた「マリエの枕営業問題」について取り上げていました。マリエが「18歳の時、紳助と出川哲郎から枕営業を強要された」とインスタライブで暴露。しかし出川哲郎は事務所を通し「そんな事実はない」と否定しました。

 

マリエと出川哲郎のどちらか一方が嘘をついている状況になり、事実がハッキリしないまま時間が過ぎました。

⇒マリエのインスタ動画デマ説を検証

 

しかし4月14日、ついに週刊文春が動き出しました。これまで牽制しあっていたマリエも出川哲郎も黙ったままではいられなくなりました。そして週刊文春による暴露で圧倒的に不利な状況に立たされたのが出川哲郎です。

 

 

週刊文春で暴露された内容の中には出川哲郎のセクハラエピソードが語られていました。大人気番組「世界の果てまでイッテQ!」収録中でのエピソードです。

「昨年四月の『世界の果てまでイッテQ!』で南米ペルーを若手女優と旅した際、『相部屋にする?』と提案した場面が、セクハラではないかと物議を醸したことがあった。それでも、『出川さんだから……』と流される空気があるのも事実です」(日テレ関係者)

南米ロケの際にセクハラ発言をされた若手女優が居たのです。その若手女優の正体は”出川ガール”として有名な堀田茜さんです。

堀田茜さんに対してセクハラ発言を行った当時もテレビ関係者の間では「出川さんだから」で済まされたようです。このように出川哲郎のセクハラ発言は業界全体で許容されてしまっていたのです。つまり出川哲郎にとって「枕営業の斡旋」も「セクハラ発言」も等しく悪い事だという認識がないのです。

 

きっとマリエが18歳だった当時も「出川さんだからOK」というゆるーい業界の雰囲気があったはず。そして何より出川哲郎自身が問題行為であると認識していなかったのでしょう。

 

世間にとってはセクハラでも出川哲郎にとっては問題行動ではないのです。もしそうなら出川哲郎のコメント通り、「そんな事ことなんて覚えていない」でしょう。

 

マリエ曰く出川哲郎から「いいじゃんいいじゃん、マリエちゃん紳助さんとやりなよ、面白いよ、快楽味わえるよって」と枕営業を強要されていた言います。このエピソードも確かに出川哲郎は覚えていないでしょう。なぜなら”問題と思っていなかった”からです。

 

イジメと同じ構図です。言ったほうは覚えていなくても言われたほうは覚えているのです。やはり出川哲郎のセクハラはガチだったといいことですね。

木下優樹菜「フジモンに売られて紳助の言いなりだった」

マリエ暴露で出川哲郎がマセキ解雇!クビによる違約金は2億円!

マリエ2年前にもインスタライブで暴露話してた⁉今回は狙い通りの炎上か

爆笑問題太田が激白「出川哲朗の枕営業はガチ」

(週刊文春)マリエの暴露動画は宣伝目的だった

モデル業務と並行してデザイナーとしてブランドを起業しているマリエさん。芸能人としてはとっくに旬が終わっているはず。それにも関わらず10年越しの枕営業の実態を暴露したマリエさん。

 

10年越しの枕営業の暴露の狙いは何だったのか。現在ネットで囁かれているのは「21年4月~5月に出版する予定の自伝本の宣伝」だったのではないかと言われています。つまるところ今回の紳助、出川哲郎に関する暴露話は本の宣伝のための炎上商法だった可能性があります。

 

マリエにとっては突かれたくなかった後ろめたい部分だったのでしょう。週刊文春の記者からの取材にもハッキリと回答せず、逃げ腰の状態です。

週刊文春「出川さんも否定し、マリエさんが嘘をついているとの受け止めもあります。」
マリエ「私は嘘を言ってない。文春の男性方は何と言ってるんですか?」
週刊文春「事実を知りたい、と。」
マリエ「インスタも『全部真実です』って言っているので」
週刊文春「酔っ払っていたのでは、という声もありますが。」
(首を横に振る)
週刊文春「今になって話そうと思った経緯は?
マリエ「これからの未来ある女性だったり、もちろん女性だけじゃなくて、次の世代、彼らが生きる世界をもっとリベラルに残してあげたいという思いで、自分のブランドも立ち上げてやってきたので。私としてはもう、それだけです」
週刊文春「いつか言いたいとずっと思ってたのでしょうか?
マリエ「私には、応援してくれているファンの方やリスナーの人もいるので」

徹底抗戦すると意気込んていたマリエさん。しかし実際に週刊文春から「なぜこのタイミングでの暴露なのか?」と問われると意味不明な回答を残しました。

 

つまるところ、マリエも炎上狙いでの発言だったのでしょう。しかし実際にインスタで暴露してみると世間は大炎上。週刊文春まで押しかけてくる始末。

 

「本の宣伝狙いだったのが、まさかここまで炎上するなんて」と出川哲郎を実名批判したマリエは怯えているはずです。

 

しかし出川哲郎も出川哲郎でマリエへの後ろめたい過去があるため不用意な反撃が出来ずにいるのでしょう。その他の出川ガールズへのセクハラ問題などきな臭い話が大量に眠っているはず。

 

つまり、出川哲郎は出川哲郎でセクハラや枕営業関係で後ろめたい過去がある為、不用意に反撃出来ない。マリエもマリエで本当は本の宣伝が出来れば良かっただけなので、これ以上の炎上は避けたいのが本音でしょうか。

マリエ暴露で出川哲郎がマセキ解雇!クビによる違約金は2億円!

マリエ2年前にもインスタライブで暴露話してた⁉今回は狙い通りの炎上か

コメント