廣瀬爽彩さんイジメ事件

旭川のいじめ加害者を特定「腹パンを楽しむヤンキーJC」永山南中学校の生徒か!

廣瀬爽彩さんイジメ事件

北海道旭川で14歳の廣瀬爽彩(ひろせさあや)さんが自殺した事件。廣瀬爽彩さんは同級生からのいじめ被害に耐え切れなくなり、自殺してしまったのです。いじめ加害者の同級生たちは反省するどころかお互いに罪を擦り付け合っている状態。

 

今回は旭川で起きたいじめ事件の加害者を特定。旭川のいじめ事件の加害者は永山南中学校の生徒である可能性が浮上。またいじめ加害者の実名も特定しました。

赤井ふうと「石を家に投げ込まれている助けて」

北星中学教頭も加害者生徒と一緒になってイジメていた!

中尾まほ「失恋が憎悪に変わった瞬間」

その他にもモラルの欠如した男女により心を追い込まれた美しい女性が自殺した胸糞事件はこちら。

倉持麟太郎の妻は超美人CAだった「夫の浮気に耐えれず自殺」

旭川のいじめ加害者を特定

北海道の旭川でたった14歳の少女だった廣瀬爽彩(ひろせさあや)さんが自殺した事件。遺体が発見された当日、北海道の旭川の気温は-17度だったといいます。14歳という若さで人生に絶望し、自殺を選んでしまったのです。

旭川の-17度の世界で、14歳の泣き顔の少女がたった一人で佇む姿を想像してください。それも手足が凍えて動かなくなるまでです。「苦しい、寒い、でも生きていくのはもっと辛い。」たった14歳の廣瀬爽彩さんは自らの人生に絶望しながら息を引き取りました。

 

旭川に住んでいた14歳の廣瀬爽彩さんを自殺させるまで追い込んだ原因は「同級生からの虐め」でした。それも旭川のいじめ加害者たちは集団で廣瀬爽彩さんを標的にしていました。旭川のいじめ加害者たちの中には廣瀬爽彩さんに性的なイジメを強要していた男子生徒もいます。

 

廣瀬爽彩さんと母親は母子家庭でした。産まれてからずっと大事に育ててきた愛娘がいじめ加害者たちにより命を奪われたのです。それも廣瀬爽彩さんの裸の写真を拡散させる等の性的なイジメによってです。

 

同じ女性として、そしてシンママとして、旭川のいじめ加害者から性的なイジメを受け、愛娘を奪われた母親の気持ちはどうなるのでしょう。自分の娘はイジメにより心を殺され、命を絶ったにも関わらず、いじめ加害者の少年少女たちは”未成年につき厳重注意”で留まっているのです。

 

廣瀬爽彩さんの母親はとても正気ではいられないのでしょう。そして今回は、旭川のいじめ加害者たちの情報を特定しました。旭川の地元民からのネットでのタレコミです。

 

  • 「(旭川のいじめ加害者たちは)同じ学校の同級生でした。廣瀬爽彩さんへのいじめ行為は教師含めて生徒も数多くの人が認知していました。廣瀬爽彩さんが泣いている場面をよく見かけました。でもみんな標的にされるのが怖くて。」

 

  • 「いじめの加害者たちは学校内でも有名な陽キャグループでした。いわゆるイケイケグループでしたし、嫌われると学校に行けなくなります。もし自分が次の標的にされたらと思うと見て見ぬふりしか出来ませんでした。」

 

  • 「いじめグループの男の子の家は地元で有名なお金持ちなんです。だから周囲にはいつも女子が居ました。見た目はイケメンでした。ワックスで毎朝しっかりセットしてきていたので、見た目に清潔感があり、女子からのウケは良い人でした。」

 

  • 「いじめ加害者の人たちが廣瀬爽彩さんを学校内でイジメていた現場を目撃したこともあります。別に隠す気もなさそうだったので、私以外の生徒も沢山見たことがあると思います。私が目撃した時は女子トイレで”腹パン”されていました。それも思いっきり。目が合った私は”一緒にやる⁉”と笑いながら誘われたんです。その時は怖くて逃げました。

以上、旭川のいじめ加害者たちについて特定できた情報です。その他にも名前や顔画像についても特定し、記事に追記していきます。

 

しかし、旭川のいじめ加害者たちは学校でも有名なイケイケグループだったと特定出来ました。いわゆる陽キャたちは自分達を中心に世界が回っていると勘違いしがちです。おとなしかった廣瀬爽彩さんは格好の餌食だったようです。

 

いじめ加害者のうちの男性生徒の家がお金持ちであるとも特定出来ています。お金持ちのお坊ちゃんにありがちですが、「何をやっても許される。だって自分は偉いんだもん」と勘違いする傾向にあります。

 

性的暴力事件を繰り返し、そのたび書類送検で無罪放免を勝ち取っている、極悪人の渡辺陽太容疑者も実家が超大金持ちのセレブです。

お金持ちだから何一つ不自由なく暮らしてきていたのです。苦労を知らないから他人に平気で酷い行いが出来る。自分は同級生から泣かされたことなんてないから、地味な級友をイジメても何とも思わないのです。むすろストレス発散程度にしか思ってないのでしょう。

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

赤井ふうと「石を家に投げ込まれている助けて」

その他にもモラルの欠如した男女により心を追い込まれた美しい女性が自殺した胸糞事件はこちら。

倉持麟太郎の妻は超美人CAだった「夫の浮気に耐えれず自殺」

旭川のいじめ加害者は永山南中学生徒か

旭川のいじめ加害者たちが通っていた学校の外観写真を特定しました。まずは旭川のいじめ加害者が通っていたと文春で報じられている中学校の外観写真を確認します。

かなりぼやけていますが、中学校の外観の特徴は特定出来ました。どうやら旭川のいじめ加害者たちが通っていた中学校は「赤い屋根」と「周囲に建造物の少ない広い敷地」を有している学校のようです。

 

そこで地元民からのタレコミでいじめ加害者たちが通っていた中学校として最も可能性の高い学校の情報を集めました。

まず第一候補は「旭川市立永山南中学」です。永山南中学校の外観写真を確認しても特徴と一致します。赤い屋根に広大な敷地を有していますよね。更に文春の写真にも写りこんでいる「校舎に隣接している植物」も確認できます。いじめ加害者たちが通っていた中学校の第一候補は「永山中学校」です。

永山南中学校ちゃう?

〔追記〕ネット上での調査の結果、廣瀬爽彩さんが通っていた中学校は旭川市立北星中学と正式に確認が取れました。永山南中学校は本件と関係がありません。永山南中学校の関係者様におかれましてはお詫び申し上げます。

 

また永山南中学校の他の候補もあがってきています。旭川のいじめ加害者たちが通っていた中学校の第二候補として名前が挙がっているのは「旭川市立北星中学校」です。

 

旭川市立北星中学校は、イジメ被害者である廣瀬爽彩さんが、いじめ加害者たちにより飛び込まされた”ウッペツ川”の近くにある中学校です。更に外観も赤い屋根なので特徴とも一致します。

更に旭川市立北星中学校の生徒の評判は「イジメ」「少年院送りなど」最悪なものばかりです。なるほどここまで評判の悪い荒れた中学校ならば、廣瀬爽彩さんをいじめた加害者たちが通っていても不思議ではないです。

北星も少年院行き何人もいた

[追加]旭川の地元民が活用しているネット掲示板で情報収集を行なった結果、いじめ被害にあった廣瀬爽彩さんは北星中学という可能性が浮上。

 

そのため北星中学校で廣瀬爽彩さんの元担任をしていたという、デート先生の名前を特定しました。デート先生こと”菅野美里”さんのフェイスブック調査結果はこちらです。

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

北星中学教頭も加害者生徒と一緒になってイジメていた!

[追記]北星中学の元担任教師の名前特定

北星中学に通っていたという可能性が一気に高くなってきた廣瀬爽彩さん。確たる証拠の検証は引き続き必要ですが、ネットでは廣瀬爽彩さんの元担任教師は北星中学校に勤務していると考える意見が殆ど。

 

そこで北星中学校に勤務している女性教員のリストを入手。元廣瀬爽彩さんの担任だった可能性の高い女教員を特定しました。

まず北星中学に勤務していた女性教員は直近で2名確認できました。それぞれ名前は藤山春乃、福本香織です。続いて2枚目です。

それぞれ北星中に以前勤務しており、現在は別の中学校にて教鞭を振るっている女教師が廣瀬爽彩さん元担任である可能性は非常に高い。

 

更に今回は北星中学校への電話取材を敢行しました。その結果、なんと廣瀬爽彩さんが中学時代にいじめを受けていたことは学校ぐるみで認識していたことが判明。しかし、教員たちには教員たちなりに廣瀬爽彩さんを安易に助けられない理由があったのです。

中山岳「廣瀬爽彩さんの動画もくれない」加害者生徒と裏取引

その他にもモラルの欠如した男女により心を追い込まれた美しい女性が自殺した胸糞事件はこちら。

倉持麟太郎の妻は超美人CAだった「夫の浮気に耐えれず自殺」

〔追記〕北星中学校の担任実名は菅野美里

どうやら廣瀬爽彩さんが北星中学校時代にいじめを受けていた時、担任をしていたのは、菅野美里という女教師だったことが判明しています。

デート先生は、菅野美里、旭川実業高校2年D組のふうとの親は、自衛官

特定の根拠ですが、Twitter上で「菅野美里という教師がデートを優先し、いじめへの相談対応をしなかった」というタレコミを発見。それを受けて北星中学校の卒業生たちから証拠画像が拡散されています。

 

また旭川のLINEオープンチャットで、旭川いじめ事件を知った人のお子さんが廣瀬爽彩さんと同級生だったようです。LINEの中で廣瀬爽彩さんの当時の担任の先生実名を聞いております。まず一枚目が同級生とご家族の会話です。

ツイ主家族:北星でイジメられてたんだって
○○と同じクラスだったって
加害者は住吉に住んでて親は公務員って自衛隊かな?
ネトパトで犯人の実名見つけてー

ツイ主:え?なにこれ
○○のクラスメイトがしんだの?
この子この間コンビニでポスター貼ってあったのみたわ!!!
しんでたんだ

ツイ主家族:ヒドいよね
実名知りたい

続いて2枚目が廣瀬爽彩さん同級生とご友人の会話内容です。

ツイ主:○○の担任て女?

同級生の親:男だよ~
1,2年の時は菅○っていう女の先生だったわ

ツイ主:今ニュースになってる子って○○と同じクラスだったんでしょ?
文春オンライン記事
この子

同級生の親:うん
昨日○○ともLINEで話してたんよ。

ツイ主:じゃあ菅○って女が彼氏とデートだって言って相談断ったんだね

〔追記〕菅野美里(廣瀬爽彩さん元担任)Facebook

廣瀬爽彩さんが北星中学校在学中にいじめらていた時、廣瀬爽彩さん母親は当時の担任の教師(菅野美里)に相談を持ちかけました。その際、菅野美里からの返答は「明日はデートなんです。相談はまた後日」と言われて逃げられてしまったといいます。

 

そこから4回~5回にかけて菅野美里(北星中学校の教師)に相談に伺ったようです。しかし毎回まともに取り合ってもらえず、挙句の果てには「あの子たちはおバカだからイジメなんてありませんよ~(笑)」と深刻な面持ちで相談に来た母親に答えたと言います。

 

そもそも北星中学校の菅野美里先生が中学時代にいじめ加害者たちを止めておけば、こんなことにはならなかったのです。生徒と保護者を適当にあしらった結果、廣瀬爽彩さんはいじめ加害者たちからのいじめに耐えかねて自殺しています。全くどちらが”おバカ”なのか。

 

そして今回は北星中学校で廣瀬爽彩さん担任だったと言われている菅野美里さんのFacebookを特定のため調査しました。まずは菅野美里さんフェイスブック検索結果か確認します。

Facebookで「菅野美里」と検索したところ約20件ほどのFacebookアカウントが発見できました。菅野美里フェイスブックを一つ一つ確認していきます。調査の結果、菅野美里と同姓同名かつ北海道に在住のFacebookを2件特定しました。

 

まずは一つ目の菅野美里フェイスブックから確認していきます。こちらの北海道に在住の菅野美里さん交際ステータスは”交際中”と記載があります。つまり廣瀬爽彩さんの担任こと”デート先生”である可能性が浮上。

しかしこちらの菅野美里さんはFacebookでの居住地が「釧路市」と記載があります。釧路市と旭川市では車で約4時間もかかります。毎朝4時間かけて通勤する中学校教師なんて聞いたことがありません。つまり別人である可能性が高い。

 

続いて2件目の菅野美里(廣瀬爽彩さん元担任)のアカウントを確認しましょう。こちらの菅野美里Facebookも北海道在住と記載ありです。つまり廣瀬爽彩さん元担任の北星中学校教師と条件は一致しています。

しかし職業に関して若干気になるポイントがあります。それは職業が保育士になっているという点です。菅野美里さんは中学校教師です。生徒だった廣瀬爽彩さんが自殺されたのをきっかけに転職されていたのなら話は別ですが、時系列的にも少し無茶があります。

 

なにより後ほど触れますが、廣瀬爽彩さんの元担任だった菅野美里さんは今なお北星中学校に勤務している可能性が高いのです。菅野美里さん顔画像ならびにFacebookやTwitter/インスタグラムについて情報をお持ちの方は是非コメントフォームからお知らせください。

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

〔追記〕菅野美里(廣瀬爽彩さん元教師)は現在も北星中学に勤務中

〔追記〕廣瀬爽彩さんが自殺してしまう根本の原因となった”中学時代のいじめ”被害。それを止めるどころか保護者からの相談にまともに取り合わず、逃げ続けた先生の実名は菅野美里と特定されています。

 

そして菅野美里さんの現在の所在についてネットで新たなタレコミがありました。どうやら菅野美里先生は現役でいまなお北星中学に勤務中のようです。

旭川合唱連合の理事やってんでしょー
HPの理事欄TOPに記載されてる!

菅野美里は現在も旭川合唱連盟に在籍しているとのタレコミを発見。そして旭川合唱連盟のHPを確認してきました。

確認の結果、菅野美里(旭川市立北星中学校合唱部)と書かれていました。どうやら本人とみてほぼ間違いはないかと思います。

 

旭川合唱連盟のHPがしっかり最新版に更新されているのだとしたら、廣瀬爽彩さんSOSを無視したデート先生こと菅野美里さんは今なお北星中学に勤務しています。

その他にもモラルの欠如した男女により心を追い込まれた美しい女性が自殺した胸糞事件はこちら。

倉持麟太郎の妻は超美人CAだった「夫の浮気に耐えれず自殺」

旭川のいじめ加害者の名前は「中尾まほ」

旭川のいじめ加害者の実名を特定するべく、地元のネット掲示板で情報の提供を呼びかけました。その結果、旭川市民から廣瀬爽彩さんを死に追いやったいじめ加害者たちの実名情報を入手しました。

失礼します。
個人名判明しました。
吉田ゆうき、中尾まほ
ここまでは判明しました。

情報収集の結果、旭川のいじめ加害者のうち2名の実名を特定出来ました。男子生徒の実名は「吉田ゆうき」、女性生徒の名前は「中尾まほ」と特定出来ました。

 

しかしこちらはあくまで地元のネット掲示板で入手した情報です。そのため今回特定できた、いじめ加害者の名前が本人らのものであるか否か議論の余地はあります。

 

もしかしたら廣瀬爽彩さん同級生からのタレコミに登場した「腹パンを楽しんでいた女性生徒」が中尾まおさん。「地元のお金持ちのお坊ちゃん」が吉田ゆうきくんである可能性もあり得ますよね。しかし繰り返しになりますが、ネット掲示板からの情報です。旭川のイジメ加害者たちと同一人物であるか否かは要検証です。

 

〔追記〕吉田ゆうきの方はイジメ加害者グループの一員ではない可能性が濃厚になってきました。引き続き検証は必要ですが、名前の訂正を入れておきます。

 

しかしここにきて吉田ゆうきは自作自演で罪を逃れようとしていた可能性が浮上。廣瀬爽彩さんの知人を名乗る人物がTwitterで告発ツイートを発信しています。詳しくはこちらを確認下さい。

北星中学教頭も加害者生徒と一緒になってイジメていた!

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

〔追記〕旭川いじめ加害者は「ふうと」か

旭川のいじめ加害者についてネットでは特定のため調査が進んでいます。その中で既に紹介したように「吉田ゆうき」、「中尾まほ」の2名がまず最初に廣瀬爽彩さんいじめ加害者ではないかと有力視されていました。

 

しかし実際には「吉田ゆうき」さんは加害者サイドではなく、むしろ廣瀬爽彩さんの捜索活動に当たっていた人物としてネットに情報が上がってきています。

 

そこで「吉田ゆうき」さんの代わりに、いじめ加害者として候補に浮上してきたのが「ふうと」さんです。「ふうと」というのはインスタグラムのアカウント名です。

 

実名はフルネームでは不明です。しかし「ふうと」というのはおそらくは下の名前で実名なのでしょう。苗字さえわかればフルネームが判明します。

 

この「ふうと」君についても実際に廣瀬爽彩さんのいじめ加害者たちの一員であったのかは要検証ですが、「ふうと」君のSNS上での発言を確認する限り、限りなく黒に近い。つまり廣瀬爽彩さんいじめ加害者の一員である可能性が高いのです。

 

そう判断した理由は「ふうと」君のTwitter上のリプライ内容です。

廣瀬爽彩さんいじめ加害者集団の一人ではないかと言われている「ふうと」君。なんとツイッターで「男2、女2でカラオケで〇交している」と公言しています。

⇒「C男の豪邸に連れ込まれてた」同級生目撃談

 

「ふうと」君の言う襲っている=性行為であることは間違いないでしょう。高校生にしては相当に過激な人物です。この過激さは、週刊文春で報じられた廣瀬爽彩さんへの性的イジメに通じるものがあります。

 

つまり実際の噂の検証は必須ですが、「ふうと」君の常日頃からの言動と、廣瀬爽彩さんが加害者から受けたいじめ内容には共通するものがあるということです。もしかすると「ふうと」君が廣瀬爽彩さんに対して性的ないじめ行為に及んでいた主犯格なのかもしれません。

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

赤井一家は夜逃げ準備開始!

中山岳「廣瀬爽彩さんの動画もくれない」加害者生徒と裏取引

その他にもモラルの欠如した男女により心を追い込まれた美しい女性が自殺した胸糞事件はこちら。

倉持麟太郎の妻は超美人CAだった「夫の浮気に耐えれず自殺」

コメント

  1. どさんこ より:

    永山の学校は転校先の学校では?そこではいじめはなかったとご遺族が発信されてますよ。情報を発信する側も受け取る側も責任をもちたいですね。不確かな情報によって傷つく方が出てしまうのが残念です。

  2. ヒロユキ より:

    フウトシネ

  3. 真相解明 より:

    旭川住民・学生の皆様、イジメ加害者グループ全員の特定を!
    学校・教師・担任含めここまで来ると犯罪だわ。怒りが込み上げてくる❗️

    記事を読むのも辛い内容…
    被害者のご冥福をお祈りします。

  4. 全員に制裁下せ より:

    加害者家族、それを庇う大人達全員
    同じ目に合わな分からんやろな。
    YouTuberやらSNSの書き込み見てみろこの先全員逃げ切れんよ。