廣瀬爽彩さんイジメ事件

廣瀬爽彩さん(旭川いじめ)加害者についてTwitterで新情報!「吉田ゆうきは自作自演してた」

廣瀬爽彩さんイジメ事件

北海道の旭川市に住む14歳の廣瀬爽彩さんが自殺しました。廣瀬爽彩さんを自殺に追いやったのは約5名のいじめ加害者たち。廣瀬爽彩さんを自殺に追い込んだいじめ加害者について実名、顔画像を特定。

 

更に旭川のいじめ加害者たちについてTwitter上で新たなタレコミを発見。廣瀬爽彩さんいじめ加害者の知り合いがツイッターで事件の真相を語りました。〔追記〕廣瀬爽彩さんがTwitter閉鎖しました。

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

赤井楓翔「中尾さんに騙された俺は悪くない」

中尾まほ「失恋が憎悪に変わった瞬間」

その他にもモラルの欠如した男女により心を追い込まれた美しい女性が自殺した胸糞事件はこちら。

倉持麟太郎の妻は超美人CAだった「夫の浮気に耐えれず自殺」

廣瀬爽彩さんについてTwitterで新たなタレコミ!

たった14歳だった廣瀬爽彩さんが自殺してしまった痛ましい事件。長閑な北海道の旭川で起きたこの痛ましい事件。なぜここまで大炎上してしまったのか。答えは簡単です。廣瀬爽彩さんの死因がいじめ加害者による度重なる嫌がらせ行為だったからです。

 

ネットにはいじめ加害者に関するタレコミを入手するべく、多数のスレッドが立ちました。たった14歳だった廣瀬爽彩さんを自殺に追い込んだほどの悪質ないじめの手口。

⇒廣瀬爽彩さんは先生の目の前で殴られていた

 

日本中の国民が怒り心頭です。それもそのはず。廣瀬爽彩さんがいじめ加害者たちから受けた仕打ちは相当に酷いものでした。

  • 北海道の真冬の季節に、極寒の川に飛び込ませる。
  • 廣瀬爽彩さんが川に飛び込んでいる姿を笑いながら見物
  • 公園に呼び出し、公衆便所で強制わいせつ行為に及ぶ
  • 泣きながら嫌がる廣瀬爽彩さんに対し自慰行為を強要
  • 学校のトイレで腹パン

「トイレに呼び出しお腹を殴る」、「公衆便所でわいせつ行為に及ぶ」等など。本当に当時中学~高校生だった人物が行える犯行でしょうか。少なくとも、どこぞの芸能人以外に公衆便所で、性行為に及ぼうとする人物を知りません。

 

廣瀬爽彩さんのように14歳といえば多感な時期です。廣瀬爽彩さんは思春期まっさかりだったのです。14歳の少女が、自分の裸の画像を異性に撮影され、ばら撒かれたらどう思うでしょう。廣瀬爽彩さんが自殺を選んだのも無理はない。

 

廣瀬爽彩さんを自殺に追い込んだ、いじめ加害者について、Twitter上で新たな情報を入手しました。Twitterのさっそうと登場し、廣瀬爽彩さん自殺問題について語っています。

 

まずは、廣瀬爽彩さんいじめ加害者について、現在で特定出来ている情報を確認しましょう。まず現時点で確認できている情報は、廣瀬爽彩さんを自殺に追い込んだ、いじめ加害者たちの実名です。少なくとも次の3人は実名まで特定されています。

  • 吉田ゆうき
  • 中尾まほ
  • ふうと

廣瀬爽彩さんを自殺に追い込んだと噂されているこの加害者3人組について、実名以外にもTwitterにて新情報を入手しました。廣瀬爽彩さんの自殺に関して、Twitter上でゲット出来たタレコミ内容について確認してきましょう。

いじめ加害者の知り合いがTwitterで暴露

廣瀬爽彩さんいじめ加害者の友人と見られる人物がTwitter上で驚きの内容を投稿しました。廣瀬爽彩さんいじめ加害者の知人であると言われている人物のツイッターアカウント「@sqnx_」を確認しましょう。

 

いじめ被害の加害者たちとも知り合いであるとTwitter上で公言しており、廣瀬爽彩さんの死の真相について人知れずツイートしていたのです。

赤井楓翔「興奮しすぎて悪いことしてると思わなかった」

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

hirosesaaya-twitter

Twitter上で存在が確認できている”しの”さんは廣瀬爽彩さんの自殺について否定的な意見を持ち合わせています。また「吉田ゆうき」ら”いじめ加害者”候補たちについて真実を暴露していました。

 

まずは「吉田ゆうき」、「中尾まほ」、「ふうと」の3人について、一人ずつツイッター暴露内容を確認していきましょう。

吉田ゆうき(旭川いじめ加害者)は自作自演していた!

廣瀬爽彩さんに関してネットでは、自殺が報道された時から犯人特定のため、ツイッター/他のSNSはフル稼働状態でした。

 

吉田ゆうきは、そんな状態でいち早く実名が特定できた、廣瀬爽彩さんいじめ加害者候補の一人です。当初は廣瀬爽彩さんを自殺に追い込んだいじめ加害者の主犯格として認識されていました。

 

しかし””廣瀬爽彩さん母親”を名乗る人物がネット掲示板にコメントを連投。「吉田ゆうきさんは、いじめ加害者どころか娘の捜索に関わってくれた人物」「犯人ではない」と繰り返し主張していました。

hirosesaaya-twitter

名前出てるY君は全く関与してないので
間違いだからもうやめて下さい。

hirosesaaya-twitter

フルネーム出てる男の子違うって母親がFacebookで言ってるよ!

このように何度も「吉田ゆうきは、いじめ加害者ではなく、いい人だった」と被害者母親と名乗る人物がネット掲示板に書き込みしています。

 

それだけではなく、「フルネームが晒されている男の子は無実である」と暗に吉田ゆうき以外に攻撃の矛先が向かうようにコメントする人間が大量発生しています。ただ違うだけならこんな回りくどい書き方しないはずです。※あくまでネット上での意見につき、詳しい検証が必要。

 

廣瀬爽彩さんいじめ加害者について、吉田ゆうきは一番最初に名前が上がり、一番最初に候補から外された人物でした。ところが「しの」さんによるTwitter暴露投稿で、吉田ゆうきが、旭川いじめ加害者であった可能性が再浮上しています。

hirosesaaya-twitter

本人に問いただしました 吉田ゆうき 小学校がさぁやちゃんと同じで北星に入った際の後輩 ボランティア活動で違うと言ってますが嘘の可能だってある 自分がやって偽善者ぶってる可能性もあるなんでこれが言えるかって俺の一個下で同じ中学でかなり人間性クソだから⤵︎ ︎

何でもTwitter上で確認できている「しの」さんの証言では、”吉田ゆうきは人間性がかなりくそ”とのことです。つまり実際は廣瀬爽彩さんいじめ加害者であるにも関わらず、ボランティアで救助活動に参加していたと吹聴し世間の認識を書き換えた策士である可能性が出てきたのです。

 

しかし実際には、ネット掲示板にコメントを投稿していた人物が”本当に廣瀬爽彩さんの母親”である可能性。”Twitterで暴露している「しの」さんがそもそも愉快犯”である可能性があります。

 

相手が未成年であること。情報ソースがいずれも、”ネット掲示板”と”Twitter”であること。この2点を考慮し、この場で結論を導き出す事は困難です。

 

〔追記〕「吉田ゆうき」君に関してネット上での情報がコロコロ変わっています。最初は「廣瀬爽彩さんいじめ加害者の主犯格」であると噂され、その次に「廣瀬爽彩さん救助活動に加わっていた」と擁護意見が出てきました。

 

しかしまたしても「吉田ゆうき君は人間性に難ありの人物」であると「しの」という人物がTwitter上で暴露しています。やはり「吉田ゆうき」君は廣瀬爽彩さんへのいじめ行為に加担していた人物なのでしょうか。

 

当ブログの管理人のところへも「吉田ゆうき」君に関する質問が数多く寄せられています。寄せられたコメントの中には、”ツイッター上でいじめ加害者たちについて発信している「しの」さんから「吉田ゆうき」君は無関係と認めてもらいました”という意見もありました。

 

真実を確認する為に「しの」さんのツイッターアカウントへアクセス。「吉田ゆうき」君に関して事実を把握する為、直近のツイート内容を全て確認しました。「しの」さんのツイート内容の確認の結果、「吉田ゆうき」君に関する疑いがハッキリすることはありませんでした。

 

寄せられたタレコミでは、「しの」さんが”吉田ゆうき君に関する情報はデマだったと認めた”とのことでしたが、最後の「しの」さんのツイート内容は擁護どころか吉田ゆうき君を批判するような内容でした。

hirosesaaya-twitter

何回も年下と付き合っては浮気 二股 自分の当時付き合っていた彼女の元彼で付き合っていることを知っていて手を出すような男です

デマであったと認めるどころか、火に油を注ぐかのようなツイート内容です。むしろ「吉田ゆうき」君は”廣瀬爽彩さんいじめ行為”に加担していたが、廣瀬爽彩さんが行方不明になったことを聞きつけ、カモフラージュ作戦のため救護活動に参加した可能性すら出てきました。

 

真実の究明の為、引き続き廣瀬爽彩さんいじめ加害者たちに関する情報を集めていきます。

赤井楓翔「廣瀬爽彩さんのことが好きでした。」

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

中尾まほ(旭川いじめ加害者)は中卒の性悪女

廣瀬爽彩さんをいじめた加害者の主犯格であると最初から今まで噂になっている中尾まほさん。中尾まほさんのインスタ顔画像が可愛いとネットでも話題になっている人物。

hirosesaaya-twitter

中尾まほさんは母親が看護師として近隣の病院で勤務しているとも噂されていますが、それ以上の情報が確認できていない人物。

 

しかし中尾まほさんについても、「しの」はツイッターで暴露内容を投稿しています。

hirosesaaya-twitter

中尾まほは元北星 中卒で働いている子 1年前に自分は縁切ってますが 自分ではやらないと思います、だけど、男絡みが多いので囲ってやってる可能性はあり、まぁそこそこ頭のとち狂ってる自己中女です

なんでも廣瀬爽彩さんを自殺に追いやった、いじめ加害者の中尾まほさんは、”中卒の自己中女”と散々な言われようです。

 

また中尾まほさんは廣瀬爽彩さんに対し、「笑いながら腹パンをしていたサイコパス」であるとも証言が寄せられています。こちらもネットでのタレコミにつき引き続き情報の精査が必要です。

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

また、旭川いじめ加害者の親の職業や裏金で教育委員会を買収している説についても切り込みました。⇒ついにC男の正体発覚!パパは自衛隊の大隊長!

「ふうと」(旭川いじめ加害者)に命令されTwitter投稿したか

吉田ゆうき、中尾まほについて散々な言いようだった「しの」さんの暴露ツイート内容。しかしその語気は「ふうと」に関する内容になった途端、急に弱まります。

 

一気に「ふうとはそんな悪い人間ではない」と擁護サイドに回ります。なんでも「ふうとはそんなこと(廣瀬爽彩さんへのイジメ)をする人間ではない」とのこと。

 

しかし、少なくとも「ふうと」に関しては他の2名よりも確たる証拠が集まっています。それは「ふうと」自身の投稿内容です。

hirosesaaya-twitter

「女性をカラオケに連れ込んで〇交している」と平気でツイッターに投稿するような人物。不確かな証言しか集まっていない他2名に比べて、本人のツイート内容が確認されている分、「ふうと」への疑いは他2名よりも強いのです。

 

もしかすると「しの」は「ふうと」が自分の罪を軽くするためのTwitter隠蔽工作に一役買っているなんていう可能背もあります。※あくまでネットからの情報に基づく推理です。

北星中学教頭も加害者生徒と一緒になってイジメていた!

赤井楓翔「廣瀬爽彩さんのことが好きでした。」

その他にもモラルの欠如した男女により心を追い込まれた美しい女性が自殺した胸糞事件はこちら。

倉持麟太郎の妻は超美人CAだった「夫の浮気に耐えれず自殺」

〔追記〕廣瀬爽彩さんTwitterアカウントを特定

自殺してしまった廣瀬爽彩さんのTwitterアカウントを特定しました。Twitterのアカウント名は「アップルティー。((ε(。・ө・。)з))」。TwitterアカウントのIDは「@ahonasuzume01」でした。

 

廣瀬爽彩さんのツイッターアカウントの最期の投稿は2月14日のバレンタインデーでした。廣瀬爽彩さんの母親と思しき人物が「娘が行方不明になりました」と投稿しています。

hirosesaaya-twitter

週刊文春で報じられている廣瀬爽彩さんの失踪日と一致します。更にリプライには廣瀬爽彩さん失踪の報せを聞きつけてコメントを返すTwitterユーザーたちがいました。

 

その中に「廣瀬爽彩さんは地元が北海道である」ことや「行方不明になった廣瀬爽彩さんを旭川にて捜索中」であるとの情報が記載されていたので、廣瀬爽彩さんご本人が生前使用されていたTwitterアカウントとみて間違いないでしょう。

 

更にダメ押しは、廣瀬爽彩さんツイッターアカウントに文春オンラインで取り上げられたイラストが掲載されていた事です。「アップルティー。((ε(。・ө・。)з))」さんが、Twitterに投稿していたイラストが、文春オンラインでの報道画像と完全に一致していました。

hirosesaaya-twitter

〔追記〕廣瀬爽彩さんツイッターでは大人気

14歳という若さでこの世を去った廣瀬爽彩さん。何度も触れてきましたが、死因は「度重なるいじめ行為」に耐え切れなくなったことによる自殺です。

 

学校に行けば、いじめ加害者たちに殴られ、裸にされ、笑いものにされ教室のどこにも居場所がないと感じていたことでしょう。廣瀬爽彩さんは自身のツイッターにも投稿していますが、不登校気味だったのです。廣瀬爽彩さん失踪事件を聞き、駆けつけた知り合いからも「不登校だった」と語られています。

hirosesaaya-twitter

不登校だったとか 色んな相談やら過去のことなどは 色々ご本人から伺っていましたが まさか失踪するとは思いませんでした。

よほど学校に行くのがつらかったのでしょう。同級生はもちろんのこと。担任の教師にも見放され、学校で生きていけなくなった廣瀬爽彩さん。ネットの世界に入り込んでも無理はありません。

 

廣瀬爽彩さんですがTwitter上では人気者だったようです。廣瀬爽彩さんの母親が「娘が失踪した」と投稿するとすぐ、沢山のツイッターユーザーから「大丈夫ですか?」と心配の声が。

 

心配の声をかける人物の多くが、廣瀬爽彩さんとTwitterを通して交流があった人物ばかりでした。

hirosesaaya-twitter

廣瀬爽彩さんは、文春オンラインでも取り上げられていたように、イラストを描くのがお上手だったのです。どうやらTwitter上ではそれなりに有名なイラストレーターだったみたいです。

 

廣瀬爽彩さんがTwitterに投稿しているイラストには、最低でも「いいね」が10件ほどついていました。Twitter上の友人から依頼されて、イラストを描いてあげたこともあったようです。

 

学校では心無い言葉のナイフで精神を殺される毎日。でもツイッターの世界は違います。自分の外見をバカにするような悪魔は居ないし、イラストを描けば毎回ネット上の誰かが認めてくれます。

 

学校では登校するたび毎日のように酷いイジメを受けていた廣瀬爽彩さん。満たされる事のない承認欲求を満足させてくれるツイッターは、この世で唯一心が安らぐ場所でした。「毎日こうしてTwitterの世界にこもれたら、ママに心配かける事もないのになぁ。」そう思いながら毎晩眠りについていたことでしょう。

〔追記〕廣瀬爽彩(さあや)さんTwitter閉鎖

〔追記〕廣瀬爽彩さんのTwitterアカウントが閉鎖されました。正確には、ツイッターアカウントが鍵付きになっていました。廣瀬爽彩さんのTwitterはもともと公開アカウントでした。

hirosesaaya-twitter

しかし廣瀬爽彩さん失踪をきっかけに母親がTwitterアカウントの管理を始めました。廣瀬爽彩さん母親が亡き娘のツイッターを凍結させた理由は明白でしょう。

 

それは”死してなお世間から好奇の目に晒される娘を見てられなかったから”に他なりません。廣瀬爽彩さんのTwitterを発見するや否や、過去の発言を切り取り、廣瀬爽彩さんの思いの代弁者かのように語る輩が増えていたからです。

 

廣瀬爽彩さんの母親はイジメの件に関して「何も語りたくない」と悲痛な胸中をFacebookに語っているようです。「せめてもう休ませてあげて」という廣瀬爽彩さんの母親の声が聞こえてきますよね。

〔追記〕廣瀬さあやさんTwitter「対人恐怖症」

〔追記〕廣瀬爽彩(さあや)さんですが対人恐怖症であった可能性が浮上しています。学校へ登校するたびに酷いいじめに遭い心無い言葉を投げかけられる毎日。対人恐怖症になるのも無理はないですよね。

 

廣瀬爽彩さんは自身のTwitterで「副作用止めの薬が効きすぎて吐きそう」と呟いていたことがあります。副作用止めの薬を併用している=何らかの薬品に頼って生きていたという事です。

hirosesaaya-twitter

もちろん廣瀬爽彩さんがご病気を患っていた可能性も大いにありえます。しかし廣瀬爽彩さんが生前に闘病生活を送っていたという情報は見当たりません。言い方が少し悪いかもしれませんが、健康体でなければ、いじめ加害者たちも暴行を加えたりしませんよね。

 

肉体は健康的だった廣瀬爽彩さんが使用される薬。それは精神安定剤に他ならないでしょう。いわゆるうつ病やパニック障害に苦しんでいる方々が使用される類の薬です。廣瀬爽彩さんは止むことのない、いじめに精神をすり減らし、精神安定剤を服用されていたはずです。

 

しかし精神安定剤は副作用があり、頭が終始ボーっとしてしまうという副作用があります。廣瀬爽彩さんがTwitterで言われていた「副作用が効きすぎる」というのは、精神安定剤と併用している副作用止めの薬の話でしょう。

 

14歳の少女の精神をここまで追い込んだ、いじめ加害者たちは、廣瀬爽彩さんが薬を使用していたことを知っていたのでしょうか。未成年とはいえ罪は重いですよね。

 

自分の子供達が廣瀬爽彩さんの自殺に加担している可能性があるにも関わらず、加害者の親たちは謝罪どころかお悔やみの言葉ですら口にはしませんでした。それもそのはず。加害者の親たちは全員ある男子生徒の親の指示で動いていた可能性があったからです。

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

〔追記〕廣瀬さあやツイッター「人生相談しても無駄だった」

〔追記〕廣瀬爽彩さんは学校での居場所をなくしたため、ツイッターなどのSNSの世界に入り込んでいたことは既に紹介しました。

 

廣瀬爽彩さんにとってはTwitterこそが精神を落ち着かせることの出来る唯一の居場所だったのです。廣瀬爽彩さんはツイッターを通して知り合った友人に人生相談を持ちかけていたことが判明しました。周囲には辛い胸中を全て語れる人物が居なかったのでしょう。本当につらかったはずです。

hirosesaaya-twitter

廣瀬爽彩さんが失踪されたと母親がTwitterで情報呼びかけを行ったあと、「斎藤淳平」という人物がリプ欄にコメントを残していました。なんでも斎藤氏曰く、「失踪の直前まで人生相談を受けていた」とのこと。人生相談を母親でもなくリア友でもなく、まして学校の先生でもないというのは辛い現実ですよね。

 

斎藤氏と廣瀬爽彩さんは「clubhouse」を通して知り合い、そこからTwitter上でも交流を持つようになったといいます。ある日、廣瀬爽彩さんから「勉強を教えて欲しい」と斎藤氏に連絡があり、斎藤氏は快諾。廣瀬爽彩さんと勉強していた廣瀬爽彩さんですが、途中から人生相談を始めたとのこと。

hirosesaaya-twitter

しかし人生相談を開始しても結局意味はなかったのでしょう。廣瀬爽彩さんの悩みに対し、斎藤氏は「火に油を注ぐかのようなコメントをしてしまった」と自白しています。いじめで苦しんでいる人を目の前にして加害者を強く批判。精神を病まれている方に対し、分かったような口ぶりで語るのは御法度です。

hirosesaaya-twitter

そのあとの斎藤氏からの言い訳が続きます。そしてあろうことかclubhouseの他の仲間とも合流し、廣瀬爽彩さんのエピソードを共有したのです。きっと廣瀬爽彩さんからしてみれば、最悪の気持ちだったでしょうね。信じて相談を持ちかけたのに、自分の辛い過去を会話のネタにされたのです。

 

斉藤氏は仲間たちと「発達障害の診断を受けるかどうか」「発達障害者が人身を把握しコミュケーションを円滑にするにはどうするか」で盛り上がったと自白しています。

 

”少しばかり娘さん(廣瀬爽彩さん)を置いてきぼりにしてしまった”とコメントしていますが、廣瀬爽彩さんからしてみれば、最悪の気持ちにされたことでしょう。対人恐怖症の廣瀬爽彩さんが、人生相談をするなんて大変勇気のいる決断です。それを踏みにじるかのような男の対応。

 

どこの世界に「自分のことを”発達障害”と認め、障害の診断を受けるか」について盛り上がれる14歳少女がいるでしょう。大人ですら無理です。正直いって、目の前で自分のことをそんなふうに語られてしまっては、何も信じれなくなります。

 

Twitterの世界が唯一心の拠り所だった廣瀬爽彩さん。きっと人生相談の最後にはこう思ったことでしょう。”あぁネット(Twitter)にも私の居場所はないんだな”と。そうして「人生相談なんかしても無駄」と廣瀬爽彩さんは悟ったのでした。

赤井楓翔「とにかく興奮した」

〔追記〕「母親からも理解されない」廣瀬爽彩さんTwitterで告白

〔追記〕廣瀬爽彩さんのTwitterには辛すぎる過去が語られていました。学校でいじめられて、心が疲れ切っているにも関わらず、母親からも理解されなかった過去があったのです。

hirosesaaya-twitter

お母さんに勉強もなんにもしないでゲームしたりとかケータイいじったりばかりして、何になるの。と言われたけど。
私的な気持ちだと(我儘なのはわかっているが)勉強もなんにも辛くて手がつかないのに今できてることすら否定されたらもうどうやって頑張ったらいいんだ。最近塾に行けるように頑張ったのに

既に何度も紹介してきたように、廣瀬爽彩さんにとってはTwitterを始めとするSNSやネットゲームの世界が心の拠り所でした。なぜなら外の世界には悪魔しかいないからです。そんなネットの世界すらも母親から否定されてしまった。

 

「勉強もなんにもしないでゲームしたりとかケータイいじったりばかりして、何になるの?」と廣瀬爽彩さんは母親から言われたとツイートしています。

 

「何になるの?」じゃないです。「現実世界じゃ何もできなくなるほど疲れているからネットに逃げ込んだ」のです。

 

学校に行けば、いじめ加害者たちから攻撃され、家に帰っても自分の好きな事すら否定される。まさに廣瀬爽彩さんの現実世界は地獄だったのです。「どこにも居場所がない。」そうやって廣瀬爽彩さんは、人生に対し、暗い気持ちになるまで時間はかかりませんでした。

〔追記〕廣瀬爽彩さん「ネットやめます」Twitterで宣言

〔追記〕母親からもTwitterやネットゲームを否定され、ネット世界からも拒絶されてしまった廣瀬爽彩さん。文字通り「どこにも居場所がない」と感じてしまったことでしょう。

 

廣瀬爽彩さんのTwitterアカウントは鍵付きになり現在は確認できなくなっていますが、最後のツイート内容は「ネット辞めるかもしれません」と短い一言ツイート。

hirosesaaya-twitter

廣瀬爽彩さんにとってネット(Twitter)を辞めるということは、「この世界から自分の居場所を無くす」ということです。廣瀬爽彩さんとTwitterを通して交流のあった人物からは「どうしたの?」「辞めないでー!」と引き留める声も沢山上がっていました。

 

しかし廣瀬爽彩さんの決意は固かったのです。「だってネット(Twitter)にも現実にも自分の居場所はないんだもん。」そう思いながら家のドアの鍵を空けました。待っていたのは‐17度の極寒の世界。

 

廣瀬爽彩さんは、寒空の下、薄手のパンツとパーカーのみで歩き続けました。そして永山中央公園の土管の中で、ひっそりと静かに、1人で最期の瞬間を迎えることを選んだのです。

北星中学教頭も加害者生徒と一緒になってイジメていた!

赤井楓翔「中尾さんに騙された俺は悪くない」

その他にもモラルの欠如した男女により心を追い込まれた美しい女性が自殺した胸糞事件はこちら。

倉持麟太郎の妻は超美人CAだった「夫の浮気に耐えれず自殺」

コメント

  1. 旭川の人 より:

    本人に確認しましたが、齋藤さんは、爽彩さんの過去の壮絶な話を他人と共有したりはしてません。嘘記事で斎藤さんを貶めるのはやめてください。この方は善意で協力してくれた方です。証拠もあります。
    https://www.jikenjiko-hukabori.com/article/post-67854.html

    爽彩さんとお母さんの喧嘩についても、親子なら喧嘩のひとつもするでしょう。喧嘩しない家庭のほうが異常ですよ。あなたの家庭は無かったんですか?家庭で悩んでいたならTwitterにもっと書くし、友達にも相談してるでしょ。

  2. 名無し より:

    この文脈から齋藤さんが仲間と廣瀬さんの話を共有したかは分からないし、発達障害の話も後から入ってきた仲間についての話と読み取るのが自然だと思った。
    齋藤さんからのリプを曲解しすぎじゃないか?