廣瀬爽彩さんイジメ事件

中山岳(北星中学校の教頭)は変態教師か「廣瀬爽彩さんの動画もくれないか」加害者生徒と裏取引

廣瀬爽彩さんイジメ事件

14歳の廣瀬爽彩さんが自殺した旭川いじめ事件。加害者生徒たちは少年法に守られ罪を償うことなく生きています。しかし旭川いじめ事件の加害者たちよりも質の悪い存在が居ました。それは教師陣です。

 

北星中学校の教頭(中山岳)さんは廣瀬爽彩さんの卑猥な画像を保存していたのです。今回は中山岳(北星中学校の教頭)の変態っぷりに迫ります。

赤井楓翔「廣瀬爽彩さんのことが好きでした。」

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

中尾まほ「失恋が憎悪に変わった瞬間」

赤井ふうと「石を家に投げ込まれている助けて」

中尾まほ「最初に辛い思いをしたのは私」

北星中学校の教頭(中山岳)は変態教師か

たった14歳だった廣瀬爽彩さんが、同級生からのいじめに耐えかねて自殺した旭川いじめ事件。加害者生徒たちに反省の色はなく、保護者も廣瀬爽彩さんへの謝罪を口にしていないのです。これに対し世間は怒りまくっています。

 

「それが廣瀬爽彩さんの命を奪った人間態度か!」と言わんばかりの炎上具合です。しかし週刊文春の調査により新事実が判明しました。旭川いじめ事件の加害者生徒たちなんかよりも、もっと達の悪い人間がいたのです。

 

旭川いじめ事件の加害者たちよりも悪質な行いをした人物は、なんと北星中学の教頭でした。北星中学の教頭先生だった中山岳は、あろうことか廣瀬爽彩さんの卑猥な画像を保存していたのです。

教頭は『写真を撮らせてください。すべて調査します』と、イジメの証拠となるLINEメッセージや画像を1枚1枚、携帯電話のカメラ機能を使って撮っていました。母親はY中学校を信頼して警察よりも先に相談したのです。あの証拠のLINE画像をY中学校は間違いなく把握していた。それなのになぜ『イジメはない』という結論に至ったのか、真相を必ず明らかにしてほしいです」(同前)

廣瀬爽彩さんの母親が北星中学に相談しに行った際、「いじめ事件は全て調査します。」とキリっとした口調で応対した中山岳(北星中学の教頭)さん。しかし実際には、いじめ事件の調査どころか、中山岳さんも廣瀬爽彩さんの卑猥な画像を収集していたのです。

 

証拠として集めるならば、画像は一枚残しておくだけでいいはず。それも加害者生徒のスマホを没収し、事件調査の間だけ預かっていれば済む話。なぜ中山岳(北星中学の教頭)はご丁寧に一枚一枚の写真を保存したのでしょうか。

 

あまり考えたくはありませんが、廣瀬爽彩さんの卑猥な画像を見て”楽しんでいた”可能性があります。むしろそっちの可能性の方が高いように思えてなりません。「これが廣瀬爽彩さんの画像かぁ。削除される前に今のうちに保存しとこっと。」まるでお宝でも見つけたかのような高揚感で写真を保存したのでしょうか。

 

生徒を守り導く立場にあるはずの北星中学の教頭先生がそんなことするはずない!声を大にして言いたい!教育者が生徒を性的な目で見ているはずないんです。中山岳さんまで廣瀬爽彩さんを性的な目で見ていたなんてあり得ないんです!

 

中山岳教頭先生を信じたい。でも信じ切る事が出来ない。「なぜこの人は娘の写真を一枚一枚保存しているの。しかも自分の携帯電話で。」いじめ相談に行った時の廣瀬爽彩さん母親も同じ気持ちだったことでしょう。

 

当時北星中学校の教頭先生だった中山岳さんは、生徒の味方をする正義の教師だったのか。それとも裏で廣瀬爽彩さんの卑猥な画像を楽しむ変態仮面もとい変態教師だったのか。文春砲に対する北星中学の回答でハッキリするはず。旭川いじめ事件の今後の動向を注視していきます。

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

中山岳(北星中学の教頭先生)の顔画像

ここでは北星中学の教頭先生だった中山岳さんの顔画像を確認していきます。まずはネットで判明している中山岳さんの顔画像から確認していきましょう。

中山岳さんの顔写真には一部モザイクを入れてお届けします。その代わりに管理人が中山岳教頭先生の顔の特徴について語っていきます。まず第一印象は「いい先生なんだろうな」というのが正直な感想です。

 

優しそうな笑顔ですが、同時に時には生徒しっかり指導できる厳しさも持ち合わせている面持ちです。決していじめ加害者の生徒たちを野放しにするはずなんてないんです。まかり間違っても廣瀬爽彩さんの裸の写真を見て、楽しんでいたなんてことは無いはずですよ。北星中学の教頭にまで上り詰めるくらいなんですから、教育者の鏡に違いないんですよ。

 

その他に著名人で例えるならば、”和製ロバートデニーロ”が一番しっくりくる顔つきです。

ダンディな雰囲気が漂う中山岳教頭先生。きっとお若い頃はさぞかしブイブイ言わせていたんでしょうね。大人の色気むんむんの中山岳教頭が14歳の少女相手に欲情していたはずないんですよ。そう信じたい。

北星中某教諭「いやいや。あんなん止めるのムリっしょ。」

中山岳教頭「ちょっと廣瀬爽彩さんの動画もくれない」

文春砲で廣瀬爽彩さんの画像を一枚一枚ご丁寧に保存していたと報道された中山岳教頭先生。今やネット民の怒りの矛先は、旭川いじめ事件の加害者生徒たちよりも、中山岳教頭に向いていると言っても過言ではないでしょう。

旭川いじめ事件の加害者はピュアボーイ「廣瀬爽彩さんが好きでした」

 

世間の炎上具合を考慮して、警察も改めて旭川いじめ事件の捜査に乗り出す構えを見せています。捜査の過程で、中山岳教頭にも必ずスポットライトが当たります。

 

その場合、警察から「文春砲のことは本当ですか?なぜ廣瀬爽彩さんの画像を一枚一枚保存したんですか?」と厳しい追及があるのは明白。中山岳教頭は最期まで生徒の味方だったと信じたいです。しかし万が一にも、中山岳教頭先生が卑猥な目的で画像を保存していたとしたら。

 

保護者にとっては絶望でしょう。何より信じて北星学校に相談に行った廣瀬爽彩さんの母親が不憫でなりません。もし北星中学の教頭先生が卑猥な目的で画像を収集していたとしたら、加害者生徒たちと裏取引もあったことでしょうね。

 

  • 中山岳教頭「おい。お前たち。画像だけじゃないだろ!動画も撮ったって警察の方から聞いたぞ!全て見せなさい!こんなものまで撮りやがって!没収だ!」

 

想像もしたくはありませんが、あり得ない話ではないのです。動画と画像を全て加害者生徒から取り上げてりつける代わりに、いじめは公にしない。あくまで仮説なうえドラマのような展開ですが、北星中学の教頭先生もグルだったとしたらあり得ない話ではないのです。

赤井楓翔「廣瀬爽彩さんのことが好きでした。」

赤井楓翔「中尾さんに騙された俺は悪くない」

旭川いじめ事件に山口組の影!加害者生徒を制裁か

赤井ふうと「石を家に投げ込まれている助けて」

コメント