お笑い、芸能

倉持麟太郎の妻(前妻)は超美人だった!CA時代の顔画像あり「本当に綺麗な人でした」同僚語る

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

4月27日の週刊文春で不倫弁護士の倉持麟太郎の妻が自殺していたことが明らかになりました。倉持麟太郎の元妻は倉持麟太郎と国会議員の山尾志桜里の不倫が原因で自殺したのです。

 

倉持麟太郎の元妻はCAとして勤務していた超美人だったことが判明。超美人だった倉持麟太郎の前妻の顔画像について調査しました。その他家族の情報も記載。

倉持麟太郎の妻は元CAで超美人

4月27日の週刊文春で弁護士の倉持麟太郎の元妻が自殺していたことが判明。倉持麟太郎の奥さんが自殺してしまった原因は、夫であった倉持麟太郎と国会議員の山尾志桜里の熱愛不倫が原因であったと報道されています。

 

自殺してしまった倉持麟太郎氏の元嫁ですが37歳という若さでこの世を去りました。辞世の句には、元夫の倉持麟太郎への恨み節ではなく、あくまで不倫相手の山尾志桜里に対する憤りが現れていました。

kuramochirintarou-tsuma-kao

〈1つの家庭をめちゃくちゃに壊した山尾さんが、悪びれることなく国会で待機児童や憲法改正の話をすることに、強い憤りを覚えます。人の心を踏みにじったまま知らん顔をして、事実すら語ろうとしない姿勢が私には理解できません。

 私は山尾さんのせいで、全てを失いました。家庭、愛する夫、かけがえのない息子、全部失ったのです。(略)事実を認め、その償いをしてもらいたい。

そして、もし叶うのなら、夫と息子を私に返して欲しい。せめて、愛する息子だけでも私の手許に戻して欲しい。いまはそう切実に願っています〉

自殺した倉持麟太郎の妻は、夫の倉持麟太郎が浮気をしていたにもかかわらず、倉持麟太郎のことを最期まで愛していたのです。なんと儚くも健気な奥さんでしょうか。倉持麟太郎の元妻は「これぞ大和撫子」と褒め称えられるべき純粋な女性だったのです。

 

倉持麟太郎の奥さんは、人の幸せを奪ったうえ、国会議員の特権を不正利用し、私腹を肥やし続けている山尾志桜里さんとは、正反対の女性でした。そして倉持麟太郎の前妻が美しかったのはその心だけではありません。

なんと倉持麟太郎の妻は、元CAとして勤務していた超美人さんだったのです。ネット上には「倉持麟太郎の妻は元CAで超美人だった」と噂する声が数多く確認できます。

kuramochirintarou-tsuma-kaogazou

スタイルもスラっとして美しいですね。

元嫁(妻)はCAだったそうです。

客室乗務員といえば、「スタイルよし、顔よし、知名度よし」と世界中の女性が憧れる職業です。当然のことながら美人の女性しか選ばれない職業です。しかし美人がゆえにCAさんには気が強く、我儘な女性が多いのも事実。

 

しかし倉持麟太郎の元妻は違いました。CAになるだけあって顔が美人なのは勿論のこと。心もこの上なく美しかった。自殺する最期の瞬間まで夫と子供達を愛していたのです。他にも倉持麟太郎の妻がいかに美人だったかについて、CA時代の同期の方が語っています。

  • (倉持麟太郎の元嫁は)とにかく美人でした。CAってやっぱり機内でのナンパとか多いんですよ。お金を持っているサラリーマンや、起業家、スポーツ選手からは声を掛けられるなんて日常茶飯事です。

 

  • その中でも倉持麟太郎の妻が声を掛けられる回数は、群を抜いていました。それでも倉持麟太郎の元妻は清楚な女性だったので、簡単にはお誘いにはのらず、いつも丁寧に断っていたのが印象的でした。

 

  • そんな身も心も美しかった彼女を射止めたのが、倉持鱗太郎さんでした。倉持麟太郎さんの奥さんになると決まってからの彼女は本当に幸せそうでした。「毎日が楽しくて、鱗太郎さんの事を想うだけで毎日が明るくなるの!」なんて恥ずかしいセリフを笑顔で語ってくれました。

 

  • そんな優しかったあの子がなぜなんですかね。どうして夫の倉持麟太郎さんは彼女を捨てたのでしょうか。どうして山尾志桜里さんは謝罪の1つもないのでしょうか。本当に怒りしか覚えません。一生をかけて償って欲しいです。

こうして確認してみると、いかに倉持麟太郎氏の妻が美人だったか良く分かります。そんな身も心も美しかった奥さんを雑に扱い、精神を追い込み、果ては自殺にまで追いやった倉持麟太郎氏と不倫相手は今何を考えて生きているのでしょう。どうせ文春砲で報じられたように、2人で相変わらずラブラブデートしているのでしょう。亡くなった奥さんの事なんて忘れて。

倉持麟太郎の元妻(嫁)の美人顔画像

倉持麟太郎氏の亡くなった元嫁の顔画像を紹介していきます。既に紹介したように倉持麟太郎さんの妻は相当なレベルの美人さんだったことが判明しています。また日本の航空会社は世界でもトップクラスの評判です。

 

サービスの質の高さから、容姿のレベルに至るまで、日本の客室乗務員は、世界中のCAのトップオブトップなのです。

kuramochirintarou-tsuma-kao

日本航空の新卒採用ページから確認できる現役CAの方々の顔写真を確認しても分かりますが、どなたもかなりの美人さんです。CAの中でも評判だったほどですから、倉持麟太郎さんの元妻の顔画像も同じようなレベルの高さだったはずです。

kuramochirintarou-tsuma-kaogazou

また倉持麟太郎の元妻は顔画像だけでなく、スタイルも相当に良かった人物であったことが判明しています。以前週刊誌の取材に応じたとき、倉持麟太郎さんの元嫁の写真が掲載されていました。

kuramochirintarou-tsuma-kao

スラっと真っすぐ伸びた足からは清楚な雰囲気が感じ取れますよね。さらには女性にしては慎重が高いことも画像から良く分かります。倉持麟太郎の妻(嫁)は顔画像、性格だけでなく、スタイルまでも兼ね備えた完璧美人だったのです。

 

そんな完璧美人を捨てて、自殺してしまうほどに心を追い込むなんて、流石モテモテ不倫弁護士の倉持麟太郎さんですよね。最早思考のレベルが一般人の上を行き過ぎて理解が追い付きません。

倉持麟太郎さん元妻(嫁)との出会いすら不倫だった

文春砲で倉持麟太郎さんの超絶プレイボーイっぷりが明らかにされました。不倫相手は、議員の山尾志桜里さんだけでなく、なんと夏目アナ似の年下美女とも交際関係にあったことが発覚しました。

kuramochirintarou-tsuma-kao

奥さんがご病気を患い、更に精神を病んだにも関わらず、山尾志桜里さんとの熱愛不倫。それだけに飽き足らず夏目アナ似の年下美女とも不倫。ここまでくると倉持麟太郎を逆にほめてあげるべきでしょう。倉持麟太郎氏は稀代のプレイボーイだったのです。「世界中の女は俺のものだぜ」なんて思って生きているのでしょうね。

 

そんな倉持麟太郎さんですが、亡くなった元嫁との馴れ初めもチャラかった。なんでも倉持麟太郎の元奥さんがCAとして勤務していた最中にナンパしたようです。

 

そこからは倉持麟太郎が猛烈アタック。亡くなった元妻と男女の関係に発展しました。男女の関係を続けていくうち、倉持麟太郎は元妻との間に子供を授かります。そのまま責任をとって結婚ならよかったのです。

 

しかし事実はそんな単純ではありません。倉持麟太郎さんが元妻(嫁)との間に子供を授かった時、倉持麟太郎さんは別の彼女が居たのです。

 

しかも当時の彼女と倉持麟太郎さんは婚約まで済ませており、結婚目前だったのです。倉持麟太郎さんは婚約していた別の彼女が居たにも関わらず、元嫁をナンパして妊娠させたと言う訳です。

 

表向きは「奥さんを妊娠させた責任を取る」という風にカッコよさげに見えますが、事実は婚約破棄して妊娠させた元嫁と結婚したというものでした。

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント