岡庭由征の茨城境町殺人事件

岡庭由征の生い立ちがヤバイ「黒魔術で猫を生き返らせようとした」同級生インタビュー

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

茨城県境町に住む家族が2019年に襲われた事件。家族の母親と父親を殺害した容疑で岡庭由征が逮捕されました。岡庭由征の生い立ちは幼少期から異常であり、地元では有名な人物でした。

 

岡庭由征の生い立ちについて調査した結果、黒魔術の勉強やダークウェブを閲覧するサイコパスであったことが判明。

岡庭由征の生い立ちがヤバイ!黒魔術を勉強

2019年、茨城県の境町に住む一家が何者かに襲撃された事件。犯人よる襲撃で一家の父親と母親は死亡。当時小学生と中学生だった子供達も重傷を負いました。そして事件から2年が経過した今日、ついに犯人が逮捕されました。

okaniwayoshiyuki-oitachi

茨城県境町の一家を襲ったのは、埼玉県の三郷市在住の岡庭由征であると判明しました。今回、当ブログでは、岡庭由征の幼少期の生い立ちについて調査しました。その結果、岡庭由征は子供のころから黒魔術等を勉強するサイコパス男だったことが判明したのです。まずは地元の同級生証言から確認しましょう。

  • (岡庭由征)の子供の頃からの生い立ちは地元では超有名ですよ。小さい頃からサイコパスってことで有名でしたよ。幼少期に猫を殺害したとか、高2の時に女子高生のアゴを刺したとかネットでは情報が既に回ってますが、本当はこんなもんじゃない。

 

  • 他にもヤバイ話ならいくらでもありますよ。例えば小学校では岡庭由征はガス銃のエアガンを肌身離さず持ってましたね。ガス銃ってBB弾でも当たると本当痛い。それこそ小さな猫とか犬なら何発も打たれると死にます。ある日、岡庭由征は自慢のガス銃で子犬が動かなくなるまでガス銃を撃ち続けたんです。最初は面白半分で見てた僕らも気味悪くなって逃げました。

 

  • 後は性的趣向もおかしい人間でしたね。大人になった時の性的趣向って、生い立ちや家庭環境に左右されるじゃないですか。その点も岡庭由征はズレてましたね。普通子供の頃ってエッチな事に興味が出てくるじゃないですか。例えば大人向けの雑誌を読みたがったりとか。でも岡庭由征は違いましたね。岡庭由征が見ていたのはいつもグロ画像ばかりでした。ダークウェブとかでよく見る処刑シーンや、幼女が酷い目に遭う漫画とかでしたね。岡庭由征は大きな家に住んでいたので一時期は同級生のたまり場でしたが、次第に皆離れていきましたよ。

 

  • 一番ヤバいエピソードですが、黒魔術を勉強したいって言いだした事ですかね。ま岡庭由征の周囲に人が居た小学生の頃の話です。「殺した猫を生き返らせる為にはどうすればいい?」って平気な顔で聞かれたんですよ。「ネットでは黒魔術っていうのがあるんだって。部屋で勉強しているんだ。部屋くる。」って。それ以来、口を一切きかなくなりました。

 

  • 岡庭由征は子供の時から親に甘やかされて育ってきたんです。生い立ちについて語るとするならば、「親から全てを許されていたので、何も否定されてこなかった人生」とでも言いましょうか。例えば岡庭由征が、同級生の目に砂をかけても、親は怒らないんです。岡庭由征の親はいつも「子供のすることだから」と笑っているだけでした。

以上の内容が地元同級生から語られた、岡庭由征の幼少期からの生い立ちでした。どうやら岡庭由征というサイコパスは親により作り出されたようです。小さい頃から、親にやる事なす事の全てを肯定されたせいで性格がねじ曲がってしまったようです。

okaniwayoshiyuki-oitachi

他にも黒魔術の勉強やダークウェブの閲覧なんてものは子供一人ではできない行いです。間違いなく親からは協力的な支援があったと見ていいでしょう。同級生からの生い立ちに関する証言のように、岡庭由征は子供のころから真正のサイコパスだったようです。

岡庭由征の家族の生い立ちもサイコパス

岡庭由征のサイコパスすぎる生い立ちについては、同級生証言で確認しました。しかし、なんと岡庭由征の家族の生い立ちもサイコパスだったのです。証拠は岡庭由征が前回逮捕された時の証言内容です。岡庭由征が女子高生のアゴを刺した2011年当時、ネット掲示板では話題になっていました。

okaniwayoshiyuki-oitachi

もう親は普通にしていてびっくりした…弟も同じような人間だからマジで危ない…猫の死体待ち受けにしてる

「弟は猫の死体を待ち受けにしている」というのは、兄である岡庭由征がエアガンで殺害した猫の画像です。つまり岡庭由征は弟に自分が殺害した猫の死体画像を送っていたのです。そしてあろうことか弟は携帯の待ち受け画像に設定してたのです。

 

つまり構図としてはこうです。岡庭由征が猫を射殺⇒猫の死体を弟に送信⇒弟が猫の死体画像を携帯の待ち受け画面に設定⇒岡庭由征はもう一度猫を殺したくなったので黒魔術を勉強。

 

「自分が殺害した猫の画像を弟に送り、そして死んだ猫が生き返らないか黒魔術を勉強する。」まるでアニメの世界に登場する悪役のような生い立ちです。文章にして読むだけでもぞっとします。

okaniwayoshiyuki-oitachi

何十匹も手にかけてるのは本当だと思う。
自宅の庭からも猫の死体が見つかってる。
中学の頃から快楽で虫殺したり動物虐待してたと知人が証言してた。

岡庭由征は猟奇殺人で逮捕されてしまいましたが、弟さんの歪んだ性格は矯正済であると信じたい。そしてどうか願わくば、岡庭由征のような狂った殺人鬼は残り一生、世に放たれないで欲しい。

岡庭由征に両親を奪われた遺族の叫び

岡庭由征の生い立ちを確認しても分かりますが、まごう事無きサイコパスです。補導されている時も全く悪びれる素振りはなく、真っすぐカメラ目線です。計画的な犯行ではなく、衝動的に「誰か刺してみたかったから刺した」というのが動機でしょう。

岡庭由征により襲撃された一家ですが、両親は失血死で他界しました。残されたのは高校も卒業していない息子と娘のみです。これから先の人生、お父さんとお母さんなしでどう生きていけばいいのでしょう。大学どころか高校だって通えるか分かりません。

 

何をして過ごしていても、思い出すのは家族の楽しかった思い出ばかり。そしてふとした瞬間にこう思います。「僕たちのお父さんお母さんは殺されたのに、なんでお前の家族は皆生きているんだ。」「身勝手な理由で家族を奪われ、妹はトラウマを抱えてしまった。これから先、テストで100点とっても、大学合格しても、成人しても、結婚しても、一番祝福して欲しい人は僕らの人生には居ないんだ。」

 

岡庭由征にとっては一時の快楽を求める為の犯行であったとしても、被害者遺族の子供達は一生消えぬ心の傷と、どす黒い負の感情を抱えて生きるのです。

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント