お笑い、芸能

黒田俊介の不倫相手の顔画像「ナンパ癖はデビュー当時から治らなかった」時系列まとめ

お笑い、芸能

5月11日の週刊文春で、コブクロの黒田俊介が不倫相手を自殺未遂にまで追い込んでいたことが発覚しました。黒田俊介は既婚者でありながらも不倫相手A子さんとの関係を続けていたのです。

 

今回は黒田俊介の不倫相手A子さんの顔画像について調査しました。また黒田俊介の女癖はデビュー当時から悪かった可能性が浮上。

黒田俊介の不倫相手A子の顔画像

コブクロの黒田俊介が不倫しているという噂は前々から有名な話でした。相方の小渕健太郎と同じく妻帯者でありながらもファンの女性を”つまみ食い”していたようです。

kurodasyunsuke-furinaite-kaogazou

前回、黒田俊介に不倫疑惑が浮上したのは2016年でした。当時は「黒田俊介は地元大阪のキャバ嬢と不倫関係にあり、相手の家族とディズニーランドに行った。」と疑惑が浮上していました。それ以上の追及は当時無かったのですが、今回あらためて正式に黒田俊介の不倫が証明されたのです。

 

そこで今回は黒田俊介の不倫相手とされているA子さんの顔画像について切り込みます。文春砲により不倫相手のA子さんの顔画像は女優の戸田恵梨香に似ていると公表されています。年齢は20代後半で、顔は戸田恵梨香なんて無敵ですよね。コブクロの黒田だけでなく大抵の男が惚れるでしょう。

05年に元同級生と結婚し、今は3児の父親でもある黒田。17年秋、当時20代後半の戸田恵梨香似の女性、A子さんと出会った。

ちなみに現在の戸田恵梨香さんの年齢は30歳を過ぎています。30歳を過ぎてなお透明感のあるビジュアルで根強い男性ファンが存在します。黒田俊介の浮気相手の顔画像は想像するしかありませんが、かなり美しい女性だったのでしょう。
kobukurokuroda-furinaite-kaogazou

ちなみにコブクロ黒田の不倫相手A子さんの年齢は20代後半。戸田恵梨香さんと黒田俊介の不倫相手の顔が似ている前提で、20代ときの戸田恵梨香さんの顔画像を確認しましょう。

kurodasyunsuke-furinaite-kaogazou

言うまでもなく超絶美人です。相手女性A子さんが戸田恵梨香に似ているとの噂が本当であれば、コブクロ黒田俊介は顔が超ハイレベルの不倫相手がいたことになります。更に言えば不倫相手の職業はキャバ嬢であると噂されている為、髪色も茶髪or金髪である事が予測されますよね。

 

コブクロ黒田の不倫相手A子さんが茶髪であると考えた時、顔画像はこんな感じでしょう。流石に顔写真が完全一致するレベルのそっくりさんではないと思いますが、黒田俊介の不倫相手A子さんの顔画像については十分想像できますよね。

kurodasyunsuke-furinaite-kaogazou

〔追記〕現在ネット掲示板では黒田俊介の不倫相手女性を特定しようと顔画像の調査が行われています。その中で不倫相手のA子さんの顔画像を特定したという書き込みがありました。実際に管理人のほうで話題の顔画像を確認しました。

kobukuro-kuroda-uwakiaite-kaogazou

問題の写真には黒田俊介、相方の小渕、そして真ん中にはA子さんと噂されている女性が写っていました。しかし結論から言うと、この顔画像はデマでした。まず何よりコブクロ黒田の浮気相手であると言われている顔画像の女性と戸田恵梨香は似ても似つかないのです。

 

そして決定的なのが、真ん中の女性は「Juice=Juice」の高木紗友希だったのです。実際にまとめサイトには、高木紗友希とコブクロ黒田、小渕の3人が全く同じ構図で写っている写真が掲載されていました。

kobukuro-kuroda-uwakiaite-kaogazou

これでネット掲示板(5ch)で噂されている、黒田俊介の不倫相手顔画像はデマであるということが証明されました。

〔追記〕黒田俊介インスタ非公開は不倫相手と関係ありか

〔追記〕黒田俊介とえいば有名人なのにインスタが鍵垢ということで知られています。実際に「黒田俊介」で検索すると「インスタ 鍵垢」「インスタ 見れない」といった予測変換の結果が表示されます。

しかし黒田俊介は自身のインスタを鍵アカウントに変更した理由については公表していません。少なくとも黒田俊介のインスタは2018年12月までは公開アカウントとして確認できた模様。

そして不倫相手のA子さんとの関係が始まったのが2019年です。黒田俊介のインスタ写真の中に不倫相手の顔画像が写りこんでいた、または投稿する予定があった為、事前にインスタを非公開にしたとも考えれます。時系列で考えても納得がいきます。

コブクロ黒田俊介の女癖はデビュー当時から

不倫相手の女性を自殺未遂にまで追い込んでいた黒田俊介ですが、女癖の悪さは前々から話題になっていたようです。地元大阪の女性がネット掲示板に書き込んでいた内容を発見しました。

こいつ結構遊んでるよ。大阪の戎橋で昔ひっかけられた。15年くらい前だけど

今から15年ほど前、黒田俊介は大阪の戒橋で女性をナンパしまくっていたようです。当時はメジャーデビューして間もない頃ですから遊びたい盛りだったのでしょうか。

 

しかし忘れてはならないのが、コブクロ黒田の結婚したタイミングです。黒田俊介は2005年に地元の同級生と結婚しています。2005年といえば16年前です。もしネット掲示板の書き込みの通り、大阪の戒橋でファン女性をナンパしていたとしたら、黒田俊介は婚約者or妻がいる状態でナンパに手を出していたということ。

 

流石は大物アーティストです。普通の人間とは違って思考回路がぶっ飛んでいますよね。残念ながらミュージシャンには不倫騒動がついて回るものです。変に女性ファンからモテてしまうがゆえに、女性のことを”遊び道具”としてしか認識できないのでしょうか。

(週刊文春)黒田俊介の不倫騒動の経緯

今回は黒田俊介による不倫騒動の経緯を時系列でまとめていきます。黒田俊介が不倫相手の女性と出会い、相手女性を自殺未遂に追い込むまで何が起きたのか、ストーリーを追っていきましょう。

  • 2005年、同級生の一般人女性と結婚。
  • 2017年秋、不倫相手のA子さんと出会う。コブクロ黒田とA子さんの出会いは共通の知人主催の飲み会だった。
  • A子さんが飲み会に遅れて参加した頃には、黒田俊介は泥酔状態。王様ゲームでは”押し倒されて無理やりキス”されたとのこと。

  • 後日、黒田俊介は態度を改めA子さんに再び連絡。態度を紳士的なものに改めて友人関係に。
  • 黒田俊介と不倫相手女性は急速に仲が深まり、男女の関係にまで発展。
  • 一日400通ものLINEをやり取りし、コブクロ黒田は「ぎゅーしたい」「匂い嗅ぎたい」などの愛の言葉を囁く。

  • 黒田俊介は不倫相手A子さんの家族にも優しく、不倫関係はエスカレート。
  • しかし腐っても妻帯者の黒田俊介は次第にA子さんへの愛情が薄れていく。
  • 一方で不倫相手のA子さんは急激な不安に襲われ、黒田俊介とのLINE内容をSNSに投稿するなどの行為に及ぶ。
  • 黒田俊介の雇った弁護士から「あなたがしていることはストーカー行為にあたります」と連絡が不倫相手に入る。
  • 去年11月13日未明、不倫相手のA子さんは、70錠以上の抗うつ薬と睡眠薬を服用し自殺を図る。
  • 黒田俊介は相手女性のA子さん並びに家族に対し、見舞金300万円を支払うことで”手打ち”にしようとしている

以上が黒田俊介による不倫騒動の時系列のまとめです。全体的な流れを確認するに、不倫相手のA子さんにも非があるような内容です。しかし当の本人であるはずの黒田俊介の対応は、些か誠実さに欠けると言っていいでしょう。

〔追記〕黒田俊介に振り回された浮気相手の怒り

〔追記〕黒田俊介と浮気相手A子さんのLINEのやり取りが一部流出しています。LINE内容から察するに相当にラブラブだったご様子。「ちゅーしたい」「匂い嗅ぎたい」「ぎゅっとしたい」など大学生でも口にしないような愛の言葉の数々。

世間から見るとイタイカップルでも不倫相手のA子さんからすると、黒田俊介との関係が全てだったのでしょう。「サイゾーウーマン」でも記事にされていますが、浮気相手の職業はキャバ嬢でした。いくら顔が戸田恵梨香に似ている美人とはいえ、所詮はキャバ嬢。自分の顔目当てにキャバクラに通ってくるような男とは男女交際なんて嫌だった。

 

そこに舞い込んできたチャンスがコブクロの黒田俊介でした。黒田俊介は妻帯者で禁断の関係とは知りつつも、止められなかったのです。なぜなら黒田俊介は日本音楽界でも指折りの人気アーティスト。そんな有名人の愛を一身に受けている快楽は言葉では言い表せなかったはず。

黒田俊介からは仕事の合間に「これで洋服買ってええよ」とクレジットカードを渡され、LINEでは「(A子さんに対して)俺ちょっと依存しすぎ」と愛の言葉を囁いてもらいました。どれだけ忙しくても「今日会いに行ってよろしいか」なんて言ってくれました。

 

女としてこれほどの幸福はなかった。確かにいけない関係でした。しかし不倫相手A子さんの心をヒートアップさせたのは黒田俊介です。「あの人の妻よりも私は愛されているわ。」「私は大物アーティストの愛を一身に浴びているの。他の女やキャバ嬢とはランクが違うの。」”妻帯者の黒田俊介に愛されている”この優越感が不倫相手A子さんを支配していきます。

 

しかし次第に黒田俊介は浮気相手A子さんに飽きてきたのです。そして当然のごとくポイ捨てされました。幸せの絶頂から一転してA子さんは絶望しました。世間はA子さんの事を「LINE内容を印刷して黒田俊介の家のポストに投函したストーカー女」などと批判してきます。

 

そうじゃないでしょう。なぜA子さんが悪者なのでしょう。そもそも最初に出会った時に無理やりキスしてきたのは黒田俊介です。交際関係を申し込んできたのも黒田俊介。不倫中にアクションをかけてきたのも黒田俊介の方です。全ては黒田俊介がA子さんを不倫に引きずり込んだのが原因です。

 

自分勝手な都合で迫ってきて、飽きてきたらポイ捨てなんて、許せない。でも愛する黒田俊介からストーカー扱いを受けていると現実を突きつけられてしまった。愛する黒田俊介からの拒絶で最早生きてなんていけません。

 

思いついたのは自殺して、この世を人知れず去ることだけ。そうすれば愛しくも憎い黒田俊介の一生に存在を刻み込めた。浮気相手A子さんのやり場のない怒りと悲しみを想像するだけで涙が出てきます。

13日未明、A子さんは70錠以上の抗うつ薬と睡眠薬を服用し、意識を失う。同日夕方、意識が朦朧としながらも目が覚めたA子さんは、友人からの電話に応対。A子さんの異常な様子に友人は救急車を呼ぶように促した。そして救急隊員が到着すると同時に、部屋に入ってきたのが警察官だった。

コメント