事件

石川拓慎彼女は妊娠していた「中絶迫り警察沙汰に」顔画像が超かわいい!駒澤大学駅伝部

事件

駒澤大学の箱根駅伝優勝メンバーである石川拓慎が逮捕されました。石川拓慎は17歳女子高生と淫らな行為に及び逮捕されました。今回は石川拓慎容疑者の彼女顔画像などの情報を調査しました。

 

結果、石川拓慎選手の彼女は妊娠させられていた可能性が発覚。その他にも石川拓慎と女子高生彼女との出会いまで切り込みます。〔追記〕石川拓慎の相手女子高生は最初から金目的だった可能性が判明。

他にも超大物スポーツ選手の女性トラブルはこちら

石川拓慎容疑者の彼女(相手女子高生)は妊娠させられていた

逮捕された石川拓慎容疑者は箱根駅伝優勝の立役者でした。実に13年ぶりに駒澤大学が箱根駅伝で優勝した時のアンカーを務め、駒大のヒーローとして一躍有名人になりましたよね。しかし駒大のヒーローから一転、犯罪者のレッテルを貼られてしまったのです。

ishikawatakuma-kanozyo

今回の事件ですが表面上は21歳と17歳の恋愛です。ぶっちゃけた話、大学生と高校生の組み合わせは普通ですよね。しかし石川拓慎容疑者のケースは未成年淫行で逮捕されるほど大事になっています。単純に彼女と交際していただけならば、ここまで大事にはならなかったはずです。

 

つまり石川拓慎容疑者と彼女さんの間には世間に公表されている以上の裏事情があるはずなのです。まず可能性として一番高いのは「彼女が妊娠させられていた」ケースでしょう。ネットでも「ここまで大事になったのは妊娠させてたからだろ」と考える意見が多いです。

ishikawatakuma-kanozyo

これ妊娠させたんじゃね
普通なら自由恋愛の範疇だろ

考えられるケースとしては石川拓慎容疑者が彼女を妊娠させたにも関わらず、中絶を迫ったor逃げようとしたといったところでしょう。その事実を知った彼女の親が激怒。警察へ通報し、石川拓慎選手は逮捕されたというのが自然な筋書きです。

 

未成年の彼女を妊娠させたうえ責任を取らずに逃げようとするなんてどうかしてますよね。親からすると絶対に許せない。「うちの大事な娘を傷物にした挙句、自分だけ逃げおおせようなんて許さない。」親御さんの怒りも当然です。逮捕は石川拓慎選手にとって当然の報いでしょう。

石川拓慎が彼女を妊娠させていたと裏付ける証拠は他にもあります。それは淫行から逮捕までの期間に空きがあるということです。石川拓慎容疑者と彼女は21年1月に行為に及びました。しかし逮捕されたのは21年5月です。この間に彼女の妊娠が発覚して、親から通報が入ったのでしょう。

ishikawatakuma-kanozyo

行為が1月で今月になって逮捕されてるんだから
妊娠して親バレ→両者で揉めて示談できずに親が被害届提出って感じだろ

「お母さん、実はわたし2か月くらい生理が来ないの。試しに検査してたら、妊娠してた、、、彼氏には逃げられたし、どうしようわたし…赤ちゃんを産んでいいかもわからないよ…」涙ながらに訴える我が娘を母親は見てられなかったことでしょう。

 

娘はもう高校生です。自由恋愛といえばそれまで。しかし一番許せないのは彼氏(石川拓慎)の対応です。未成年の娘を妊娠させた挙句、責任も取らず逃げようとするなんて怒りでどうにかなりそうです。

 

「あの、僕は結婚する気ないですし、娘さん(彼女)のご健康を考えても中絶されたほうがいいのではないでしょうか。」このような無神経極まる石川拓慎容疑者の発言に彼女さんの父親と母親は堪忍袋の緒が切れたのでしょう。最終手段に出ました。そうです。警察への通報です。

 

ご両親だって石川拓慎選手が責任をキチンと取ってくれるならば大事にするつもりもなかった。しかし誠実さを欠いた態度に我慢ならなかったのです。石川拓慎容疑者にとっては当然の報いです。

他にも超大物スポーツ選手の女性トラブルはこちら

〔追記〕石川拓慎相手の女子高生は金銭目的だった!

〔追記〕石川拓慎選手の逮捕騒動に関して当ブログにタレコミがありました。情報提供者は「相模原市のとある高校の生徒」さんという方でした。「相模原市のとある高校の生徒」さんからのタレコミで、何と石川拓慎選手の相手女子高生は金目的だった可能性が浮上してきたのです。

 

「(相手女子高生)彼女のこと知ってますよ。同じ地区の学校に通ってましたから。なんていうか複雑な家庭の女の子なんです。”一応”父親は居ますが再婚のうえ、ほとんど家には居ないらしくて、母子家庭と何ら変わりない家庭なんですよ。」(石川拓慎の相手女子高生知人)

 

「あの子(石川拓慎の女子高生彼女)は近所でも有名なんです。夜な夜な制服を着て街に出かけていきますから。部活とか塾帰りの同級生は、あの子が街中で男の人と歩いていた姿を何回か目撃していますから。パパ活とか援助交際してるって噂の女の子でした。」(石川拓慎の相手女子高生知人)

 

「ご近所の噂では母親公認でパパ活をしているとも言われています。”母親は水商売で稼ぎが少ないので、娘が援助交際することを止めてない”って噂まで流れています。あくまでご近所の噂レベルですけど、まるっきり嘘でもないはずです。だって夜中に制服でオッサンと歩いている姿は自分もみましたから。」(石川拓慎の相手女子高生知人)

 

以上が「相模原市のとある高校の生徒」さんからのタレコミでした。タレコミ情報が真実ならば、どちらかと言えば石川拓慎選手は被害者でしょう。年齢を詐称されていたうえ、援助交際目的で接近されたのですから。

 

そして急にお金を要求してきた女子高生相手を拒否してしまい、問題に発展したのでしょう。しかしそれは相手家族の思うつぼでした。なぜなら相手の女子高生は”未成年”だったのです。金目的の援助交際だろうが未成年であれば法律が味方してくれます。

 

そして警察には”私は彼(石川拓慎)に対して純愛だったんです。それが急に肉体関係を迫られて。”なんて年相応に証言してしまえば、こっちのものです。つまり石川拓慎選手は金目的の母子家庭親子にカモにされてしまった可能性すらあるわけです。

石川拓慎の彼女顔画像が可愛い

石川拓慎容疑者の彼女さん顔画像についても調査しました。石川拓慎選手は、箱根駅伝で優勝した時、ヒーローインタビューで好みの女性について語っていました。なんでも乃木坂46の山下美月さんのような顔つきの女性がタイプであると石川拓慎は語っていたようです。

乃木坂46の山下美月さんといえばアイドル活動だけでなく、女優業やモデル業もこなすマルチな才能をお持ちの正統派アイドルです。

ishikawatakuma-kanozyo-kao

ショートカットの髪型に色白の肌、大きな目に美しい鼻筋と美人の条件を全て兼ね備えた人物です。石川拓慎容疑者の彼女さんも同じような系統の顔つきだった事が予想されます。

ishikawatakuma-kanozyo-kaogazou

以上の条件を踏まえて、石川拓慎の彼女さん顔画像を予想するとこんな感じでしょうか。女子高生なので黒髪ショートカット。肌の色は白く、眼はパッチリとしている美少女です。

ishikawatakuma-kanozyo-kao-gazou

石川拓慎は彼女とマッチングアプリを通して知り合ったと言いますから、彼女の顔画像を見て飛びついたのでしょう。「うほっ、もろタイプの女の子いるじゃん!アタックしよ!」最初は軽い気持ちで関わったのが運の尽きでした。

他にも超大物スポーツ選手の女性トラブルはこちら

石川拓慎と彼女(相手女子高生)の出会いはTinderか

石川拓慎容疑者と彼女さんの出会いはマッチングアプリであると報じられています。そこで今回は石川拓慎と彼女さんが活用していた可能性のあるマッチングアプリについても調査しました。

 

結論からいいますと、石川拓慎はTinderを利用していた確率が非常に高い。その理由ですがTinderならば本人確認の必要がないからです。通常マッチングアプリでメッセージをやり取りする為には、免許証やパスポートでの本人確認が必須です。これは18未満の利用を防ぐ為ですね。

 

数あるマッチングアプリの中から唯一と言っていいほど、本人確認の必要がないのはTinderだけなのです。そのためTinderならば石川拓慎の彼女のような女子高生でも利用できるのです。

数十個のマッチングアプリを調べた結果、「Tinder」だけは年齢確認不要で使えます。

「相手が未成年だと知らなかった」と供述している石川拓慎ですが、かなり疑わしい証言ですよね。少なくとも知り合った段階でお互いの年齢くらいは把握しているはずです。もし仮に石川拓慎がTinderを利用していたならば、そもそも未成年狙いだった可能性すらあります。

石川拓慎容疑者の事件概要

18歳未満の少女と性交したとして、神奈川県警は19日、駒沢大学4年生の石川拓慎(たくま)容疑者(21)を東京都青少年健全育成条例違反(反倫理的な性交等)などの疑いで逮捕した。性交したことは認め「18歳と思っていた」と供述している。石川容疑者は駒沢大が優勝した今年1月の箱根駅伝で、最終10区を走っていた。捜査関係者によると、石川容疑者は今年1月17日、東京都内のホテルで、18歳未満であることを知りながら神奈川県内在住の少女(17)と性交したなどの疑いがある。金銭の授受はなかったという。

石川容疑者は昨年10月ごろ、SNSを通じて少女と知り合い、複数回性交していたという。少女は当初、石川容疑者が駅伝の選手と知らなかった可能性があるとみられている。

引用:yahooニュース

他にも超大物スポーツ選手の女性トラブルはこちら

コメント