お笑い、芸能

(週刊文春)熊田曜子元カレXさん顔画像が判明!「色黒ガテン系の男前」職業はカメラマンか

お笑い、芸能

6月17日の週刊文春は熊田曜子について書かれていました。熊田曜子は元カレX氏と警察沙汰になるレベルの争いをしていたのです。元カレXさんと熊田曜子のトラブルの原因は不倫でした。

 

今回は熊田曜子元カレのX氏について調査しました。調査の結果、熊田曜子の元カレXさんの職業、顔画像を発見することができました。

(週刊文春)熊田曜子元カレの職業を特定!

週刊文春からのタレコミで熊田曜子が炎上しています。熊田曜子は不貞行為を働いていたと会社経営者である夫から暴露され、炎上したばかりでした。そして今回炎上した原因も不倫問題だったのです。しかも元カレXと熊田曜子の争いは警察沙汰にまで発展していたようです。

 

今回は熊田曜子の元カレX氏について調査しました。まずは熊田曜子の元カレXさんの職業について切り込みます。元カレXさんの職業ですがカメラマンであった可能性が非常に高いでしょう。元カレXと熊田曜子は仕事仲間から男女関係に発展したと週刊文春で語られています。

「それまでは仕事だけの付き合いでしたが、食事をして遅くなったときに、『家に来れば?』と誘われました。母親と住んでいたのは知っていたので、何もないだろうと中目黒のマンションに付いて行き、床で寝ようとしたら『そんなとこにいないで、こっちに来たら』とベッドに呼ばれて。背中を向けていたら抱き着いてきたので、そのまま身体の関係を持ちました」

元カレXと熊田曜子が男女関係を持っていたのは2010年頃のことです。2010年ならば熊田曜子さんが28歳のころですね。丁度グラビアの仕事が殺到していた頃合いでしょう。カメラマンと一緒になることは多々あったはずです。

 

熊田曜子と交際関係にあった元カレXの職業がカメラマンであると判断した理由は他にもあります。それは元カレX氏が熊田曜子の不倫の証拠を発見した時の反応です。当時元カレは激しく取り乱し、熊田曜子の不倫を厳しく追及したといいます。

「彼女の携帯を見た時に、有名企業の社長や、民放のディレクターらとの親密なやり取りがありました。それを追及すると、『んなわけないじゃん』と。何度か話し合っていましたが、最後は私もかなり厳しく問い詰めた。すると彼女は家を飛び出して、近くの目黒警察署に駆け込んだのです。そこで警察からもう近づかないようにと警告を受けました。今回の夫の件も、僕と同じだなと……」(同前)

なんでも熊田曜子の携帯から「有名企業の社長や民放のディレクターらとの親密なやり取り」が発見されたそうです。普通のTV局員や芸能人ならば熊田曜子にまつわる黒い噂は知っていたはずです。つまり元カレX氏の職業がTV局員だったなら、不倫を発見してもそこまで取り乱さないはずでしょう。

 

「あぁ、やっぱり噂通りの人なんだ。ヤバイ人達の女だから触らぬ神にたたりなし」と自己完結出来たはず。熊田曜子さんの男癖の悪さを知らなかった=直接のTV業界人ではなかったということです。つまり元カレXさんの職業はカメラマンだった可能性が高いのではないでしょうか。

(週刊文春)熊田曜子の元カレXさん顔画像が判明

週刊文春で話題になっている元カレXさん顔画像についても調査しました。週刊誌関係の企業に勤務している方から顔写真をゲットすることが出来ました。元カレXさんは熊田曜子とは違い、一般人なので顔画像にはモザイクをかけてお届けします。

kumadayouko-motokare

モザイク処理されている代わりに、管理人が元カレXさんの顔の特徴について語っていきます。熊田曜子と男女関係にあった元カレXさんは色黒タイプの男性です。お顔を拝見する限り、武井壮さんタイプのワイルド系な男性でした。

kumadayouko-motokare

色黒で男らしい顔つきの男性が熊田曜子さんの好みなのでしょうか。しかしこれまで熊田曜子さんと交際を噂された元カレたちの顔画像を見た限りだと一貫性がないように思えます。熊田曜子さん歴代元カレの顔画像を確認していきましょう。まず最初は岡村隆史さんです。

kumadayouko-motokare

岡村隆史といえば色白でサルっぽい顔つきが特徴です。元彼Xさんとは真逆のタイプの顔ですよね。続いて熊田曜子さんの元彼として有名だったのが島田紳助さんです。島田紳助さんも色白タイプです。もっといえばイケメンではなく、どちらかと言えばおばさんっぽい顔立ちです。

kumadayouko-motokare

3人目の熊田曜子さん元カレは有吉弘行さんです。有吉弘行さんも他の2人と同じく色白の顔だちです。どちらかと言えばイケメンに分類される顔立ちでしょう。

kumadayouko-motokare

以上Xさんの顔画像も含めて、熊田曜子さんと男女関係にあった元カレ全員の顔画像を比較しました。結果からいうと熊田曜子さんは”タイプの男性”というものがないのでしょう。ここまで元カレ顔画像に一貫性がないことから、熊田曜子さんはビジュアルよりも、社会的地位や金を持っている男性が好きなのでしょうね。

熊田曜子は大手企業社長とパパ活三昧

元カレXさんの証言で明らかになった内容ですが、熊田曜子さんは大手企業の社長や民放に勤務しているディレクターと親密な関係にあったようです。

 

元カレXが熊田曜子さんのメール内容を盗み見て、浮気を疑う程だったので、よほどラブラブな内容のメールやり取りをしていたのでしょうね。ちなみに元カレXさんとの交際期間中に熊田曜子がやり取りをしていた男性には大手企業の社長もいたみたいです。

 

大手企業ともなれば30~40代で社長にはなれません。大手企業のトップまで上り詰めるくらいですから、少なくとも60手前だったはずです。60歳手前の男性相手に熊田曜子さんはなぜラブラブな内容のメールを送信していたのでしょうか。

 

答えは簡単です。熊田曜子さんはパパ活をしていた可能性が非常に濃厚でしょう。大手企業の社長とはいえ、年齢的にはおじさんです。もっといえばおじいちゃんである可能性のほうが高いのです。そんな初老男性相手に愛想を振りまく理由は1つでしょう。そう、パパ活です。

 

熊田曜子さんは大手企業の社長と寝る代わりに、お小遣いを稼いでいたのでしょうね。いかにも芸能人らしいガッツある生き様です。

熊田曜子さんと元カレXさんの出会いから破局まで

ここでは熊田曜子さんと元カレXさんの馴れ初めから破局までの流れを時系列で確認していきます。一部芸能関係者からのタレコミ内容も交えて時系列でまとめました。

  • 2009年 グラビアの仕事をとして熊田曜子さんとXさんは知り合う。
  • 2009年 熊田曜子さんと元カレXさんは親密になり、仕事外でも食事に行くようになった。
  • 2010年春 帰りが遅くなった元カレXさんを熊田曜子は家に誘う。
  • 同夜、熊田曜子さんから肉体関係を迫られる。
  • 2010年5月 熊田曜子さんと男女関係になった元カレXは正式に交際を開始。
  • 2010年末 熊田曜子さんの携帯から不倫疑惑となる証拠メールが発見される。
  • 2010年末~2011年頭にかけて熊田曜子さんと元カレは激しい口論を繰り返す。
  • 2011年2月 熊田曜子さんから元カレに対し破局宣言。
  • 同月、熊田曜子さんが目黒警察署へストーカー被害届を提出。
  • 警察から元カレXさんに対し、熊田曜子さんに近づかないよう勧告される。

以上が熊田曜子さんと元カレの馴れ初めから破局までのストーリーです。こうして改めて確認すると熊田曜子さんの不倫がキッカケとなり関係がもつれてしまったように見えます。やはり会社経営者である旦那とも揉めているように、熊田曜子さんは不倫癖のある女性なのでしょうか。

コメント