事件

中川美都子容疑者のブログを特定「記事の中で父親に罪を被せようといていた」大阪府豊中市

事件

79歳の母親を殺害した容疑で大阪府豊中市に住む、中川美都子(みとこ)が逮捕されました。中川美都子容疑者は母親に暴行を加えベランダに放置していたのです。更に意識のない母親の様子をブログに投稿していました。

 

今回は中川美都子の更新していたブログを特定しました。どうやら中川美都子は日記ブログを更新していたようです。

中川美都子(みとこ)のブログを特定

逮捕された中川美都子容疑者ですが、倒れた母親の様子をブログに投稿していました。以下は中川美都子が自身のブログに投稿した文章文字起こしです。中川美都子はブログに「私は母親を殺してなんかいない」と綴っています。罪悪感に苦しんでいたのでしょうか。それでも倒れている母親をベランダに放置していた時点で相当なサイコパスですが。

nakagawamitoko-burogu

「母がベランダの隅で、うつぶせで倒れており、深夜1時まで、ベランダで動かず寝てたのです。鍋に水を入れて母にかければ、目を覚ますだろうとかけたけれどーー(翌朝)心配になり、ベランダに出ると、母の両手のひらが、真っ黒になっていて、脈も無く、冷たくなって死んでいたのです。私は、母を殺してなんかいません」

他にも中川美都子容疑者がどんな内容を発信していたのか、特定するため中川美都子のブログを調査しました。中川美都子のブログ記事は、調査するとすぐ特定出来ました。「中川美都子 ブログ」と検索すると一番上にヒットするページが中川美都子の更新していたブログサイトです。

nakagawamitoko-burogu

 

「中川資友佑(なかがわしゆう)のブログ」=中川美都子容疑者のブログ記事であると判断した理由ですが、ブログ記事にヒントがありました。こちら21年6月19日に投稿された記事内容です。記事には「母が自宅で亡くなって、三ヶ月過ぎた今でも、母を、殺害した被疑者として捜査継続されており、押収品もまだ返してもらえない状態」と記載されています。

nakagawamitoko-blog

中川美都子の母親が死亡した時期は21年3月と報道されているため、ブログ記事の内容とも一致します。そして「中川資友佑(なかがわしゆう)のブログ」はアメブロで「大阪暮らしのジャンル」にカテゴリされています。

 

「大阪住まい」、「母親を殺害した犯人と容疑をかけられている」、「同じ中川姓」この3つのポイントが報道されている中川美都子と完全に一致しています。つまり「中川資友佑(なかがわしゆう)のブログ」=中川美都子容疑者のブログであると判断していいでしょう。

 

中川美都子のブログは「中川資友佑(なかがわしゆう)のブログ」というタイトルです。本名の”美都子”ではなく”資友佑”というペンネームを使用しているあたり作家気取りだったのでしょうか。中川美都子容疑者は、倒れている母親をベランダに放置し、水をぶっかけるくらいのサイコパスですから、ミステリー作家になればいい作品が書けたでしょう。

 

中川美都子容疑者のサイコパスっぷりはブログ記事からも読み取ることができます。中川美都子の更新していたブログタイトルは「中川資友佑(なかがわしゆう)のブログ」であると特定出来たので、次はブログ記事の中身に迫っていきます。

中川美都子の悲痛な叫び!ブログ記事から判明

中川美都子容疑者のブログ名が特定できたところで、実際に投稿内容を確認していきましょう。どうやら中川美都子容疑者のブログジャンルは日記系だったようです。中川美都子が生活の中で感じた内容を記事にしていました。

 

ブログ記事の内容は、中川美都子容疑者の父親と母親に関する記事ばかりでした。どうやら中川美都子の父親は腎臓に病を患っていたようで病院で透析を受けていたようです。しかし中川美都子の父親は透析を受けることを拒否。それにも関わらず「身体がしんどい!」と中川美都子に訴え続けていたようです。

 

中川美都子容疑者は父親の介護で疲れ切っていたのでしょう。「透析を受けさせるのに本人の合意は必要か?」と記事に綴っていました。記事の結びの言葉は「どうすればいいのか分からない。」でした。介護に疲れ切った中川美都子の心中を表したような一言です。

nakagawamitoko-blog

中川美都子は父親に罪を被せようとしていた!ブログから判明

母親殺害の容疑で逮捕された中川美都子容疑者ですが、父親に罪を被せようとしていたことが発覚しました。中川美都子容疑者は自身のブログ記事の中で度々「母は父に殺された」というメッセージを残していました。

nakagawamitoko-burogu

2021年6月21日に投稿された記事の中には「このままでは、私は、しんでしまう、父から、ころされてしまう。母が父から、ころされたように。」まるでダイイングメッセージかのような一文です。

 

この記事を投稿した時には既に中川美都子は警察から母親殺害の容疑をかけられていました。そのため少しでも容疑を父親に被せようと必死だったのでしょう。心中では相当動揺していたのでしょう。日本語も支離滅裂な感じです。結局は必死の抵抗もむなしく逮捕されてしまいましたが。

 

もしこれが本当ならば中川美都子もまた被害者ですが、警察は母親殺害の実行犯は中川美都子であると考えて調査しています。警察が逮捕に動き出すくらいですから確たる証拠があったのでしょう。中川美都子が母親を殺害した犯人であることは間違いない。

中川美都子容疑者の事件概要

大阪府豊中市で79歳の母親に暴行を加えた上、水をかけて自宅のベランダに放置し、死亡させた疑いで53歳の女が逮捕されました。 豊中市に住む無職の中川美都子容疑者(53)は、今年3月17日から18日にかけて自宅で母親の禮子さん(当時79)の背中を踏みつけるなどの暴行を加えた上、水をかけてベランダに放置し、死亡させた傷害致死の疑いで逮捕されました。

引用元:yahooニュース

コメント