お笑い、芸能

スカイピース解散の理由は複数あった「テオくんの病気や業界圧力が重なり苦渋の決断へ」

お笑い、芸能

登録者数344万人を誇る大人気Youtuberグループ「スカイピース」が解散を発表しました。突然の解散宣言動画が投稿され、スカイピースファンからは「なぜ解散したの」と疑問の声が上がっています。

 

そこで今回はスカイピース解散理由について調査しました。その結果いくつかの理由が重なって解散に繋がったことが発覚しました。〔追記〕スカイピース解散はドッキリだったと判明。

スカイピースが解散宣言

チャンネル登録者数344万人を誇る大人気Youtuberグループ「スカイピース」が解散を発表しました。何の脈絡もなく投稿された解散宣言動画に対しファンの間では動揺が広がっています。スカイピースの解散宣言の動画はこちら。

一部ファンの間ではスカイピースの解散宣言はドッキリなのではないかと噂されていますが、投稿された動画を確認する限りではネタではなさそうです。

 

そこで今回は気になるスカイピースの解散理由について調査しました。どうやらスカイピースが解散する原因はいくつかの要因が絡み合っているようです。

スカイピース解散理由「じんたんが裏方に回りたかった」

スカイピースが解散する理由は1つではない可能性が非常に高いです。1つ1つ解散理由を深堀していきます。一つ目の解散理由は「じんたんが裏方の仕事を希望していた」からです。スカイピースのプレミアム動画内で語られていました。

sukaipiisu-kaisan-riyuu

どうやらスカイピースの片割れ「☆イニ☆(じんたん)」は、前々から裏方の仕事がしたいと相方の「テオくん」に伝えていたそうです。そして「テオくん」と「じんたん」の2人は何度も協議を重ねた結果、たどり着いた答えが解散のようです。

 

「じんたん」が裏方(編集やプロデュース)の仕事を希望する理由としてはビジュアルのレベルがあるかもしれません。スカイピースの相方である「テオくん」はイケメンで有名なクリエイターです。

 

そんなイケメン配信者「テオくん」の隣に立って活動することにフツメンの「じんたん」は引け目を感じていたのかもしれませんね。

sukaipiisu-kaisan-genin

自分もイケメンでない限りは、イケメンの隣に立つのは辛いでしょう。ましてやスカイピースは動画配信だけでなく、音楽活動にも手を出していました。必要以上に注目が集まってしまったスカイピースは「じんたん」にとって居心地の悪い場所だったのかもしれませんね。

 

また「じんたん」はご自身で自らを「陰キャ」と称するほど自己肯定感の低い人物でした。そのため「テオくん」とビジュアルを比較されてしまうことに引け目を感じていたのかもしれません。

スカイピース解散の理由「テオくんの病気が再発」

スカイピース解散の理由についてまだまだ考察していきます。2つ目の解散理由ですが、テオくんの病気が再発してしまった可能性もあり得ますよね。「テオくん」ですが2017年に緊急入院するほどの重大な病気にかかっていたのです。

sukaipiisu-kaisan

テオくんが緊急入院しました。

「テオくん」が患っていた病名は精巣捻転症でした。精巣捻転症とは、文字通り精巣がねじれてしまう病気です。相当な激痛を伴うようで「テオくん」も2017年当時は緊急入院するほどでした。

skypiece-kaisan

そして恐ろしいことに「テオくん」が罹患していた精巣捻転症ですが、再発リスクの高い疾患であると医学的に証明されているのです。

sukaipiisu-kaisan-riyuu

整復に成功したとしても、再発リスクの高い疾患であり早々に精巣固定手術を行う必要があるため、恐怖感を植え付ける整復手技はあえて試みずに、速やかに麻酔導入+手術に持ち込む場合も多いです。

つまり「テオくん」の病気(精巣捻転症)も再発してしまった可能性があり得るのです。しかしスカイピースは今や登録者数344万人を超える超人気Youtuberグループです。「睾丸がまたねじれてしまったので解散します。」だなんて口が裂けても言えません。

 

スカイピースはファン達にとって「イケイケでカッコいいスカイピース」のまま引退したかったのでしょう。ファンと真摯に向き合う姿勢はまさにプロです。もしスカイピース解散理由が本当に病気の再発だった場合、一日でも早く完治して復帰して欲しいですよね。

スカイピース解散の原因「業界からの圧力」

スカイピース解散してしまった原因ですが、Youtuber業界からの圧力が働いていた可能性があります。スカイピース解散理由について、ネットでは様々な憶測が飛び交っています。その中でも「Youtuber界隈で嫌われているからではないか」という意見が目立ちました。

sukaipiisu-kaisan

スカイピースは嫌われてるからこんなのにも呼ばれないのか
真っ先に行きそうなヤツらなのにな()

配信業は個人事業であるといっても、同業者間での相互援助は必要不可欠でしょう。コラボ案件や協業など、むしろ同業者から好かれる必要があるのです。しかし一部ネット掲示板では「スカイピースは業界から嫌われている」と噂されています。

 

その噂を裏付ける根拠がこちら。以下のリストは、つい先日問題となった「Youtuberによる緊急事態宣言下での大規模飲み会」に参加した配信者一覧です。週刊文春から発表された内容なので信ぴょう性は非常に高いでしょう。

skypiece-kaisan

名簿を確認しても分かりますが、参加者リストに「スカイピース」の名前がありません。チャンネル登録者数でいえば群を抜いて一位なのにも関わらずです。あくまでネット上での噂ですが、配信者界隈でスカイピースは嫌われていたのかもしれません。

 

そのためスカイピースを好ましく思っていない勢力によって業界から排斥されてしまった可能性もあり得ます。

〔追記〕スカイピース解散は嘘だった!

〔追記〕スカイピース解散理由についてネットが騒がしくなって時間が経過した後、スカイピースの動画が投稿されました。なんとスカイピースの解散動画の1時間45分後にスカイピースの解散がドッキリで嘘だったことを自身たちで告白したのです。

「スカイピースが本当に解散したら」という前提で作ったドッキリ動画だったと伝えていますが、スカイピースの釈明動画にはスーパーチャット機能がオンのままでした。つまり解散ネタで集客し、スパチャ代を稼ぐ気まんまんだったワケですね。

 

流石のスカピース信者たちも今回のドッキリは悪質すぎると激怒しています。そこまでしてお金が欲しかったのでしょうか。

コメント