東京五輪にまつわる政治問題

田辺晋太郎が小山田圭吾擁護で炎上!いとこ関係だったことも発覚「ツイート削除で火消し開始」

東京五輪にまつわる政治問題

過去に非道ないじめ行為をしていたことが発覚し、東京五輪開会式の作曲担当である小山田圭吾が辞任する方向で話が進んでいます。小山田圭吾の辞任を巡って田辺晋太郎(いとこ)が炎上しています。

 

田辺晋太郎は小山田圭吾の辞任報道をうけ「正義を振りかざす皆さんの意見が通りました。良かったね。」などとコメントしたことにより、世間から批判が殺到しています。

小山田圭吾のクラスメイト「女子も標的で思いっきり蹴られていた」

新宿アルタ前で五輪反対デモ発生「騒ぎたい若者でクラブ状態」

バッハ会長歓迎会の歓迎会は美人コンパニオン付き飲み会!関係者証言

バッハ会長「広島視察はノーベル平和賞狙い」

田辺晋太郎が炎上!小山田圭吾の過去を肯定

音楽プロデューサーの田辺晋太郎が炎上しています。田辺晋太郎は、東京五輪の作曲担当だった小山田圭吾が過去に行ったいじめ行為を擁護するようなツイートを投稿。小山田圭吾を擁護した結果として炎上しました。まずは炎上の火種となった田辺晋太郎さんのTwitter投稿文を確認しましょう。

oyamadakeigo-tanabeshintaro

小山田圭吾が東京五輪開会式の作曲担当を辞任するという報道を聞きつけ、田辺晋太郎は「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました!良かったですねー!」とツイートしました。もちろん世間はこれに対し大激怒です。

小山田圭吾を擁護する田辺晋太郎に対しバッシング集まるのも無理はないでしょう。なぜならば小山田圭吾が過去に犯したいじめ行為は残虐性が高すぎるからです。小山田圭吾が過去に犯したいじめ行為について詳しく見ていきましょう。

小山田圭吾(田辺晋太郎いとこ)のいじめ行為

ここでは小山田圭吾(田辺晋太郎いとこ)が過去に犯したいじめ行為の詳細を確認していきましょう。なんと小山田圭吾さんは過去に雑誌インタビューに対し、自身の口から「いじめ内容」について語っていたのです。まるで武勇伝かのように己の過去を語る姿は流石はカリスマでしょうか。

oyamadakeigo-tanabeshintaro

雑誌「ロッキンオンジャパン」からのインタビューに対し、小山田圭吾が語った自身のいじめ内容を要約したものが以下です。

oyamadakeigo-tanabeshintaro

  • 知的障害者の生徒を全裸にし、紐でグルグル巻きにした状態で自慰行為の強要。
  • 知的障害者のクラスメイトに人糞を食べさせる。
  • 段ボール箱に空気穴をあけて閉じ込め黒板けしをバタバタする。
  • 知的障害者を無理やり下半身裸になるよう強要し、廊下を歩かせた。
  • 体育倉庫で知的障害者にドロップキック。跳び箱に閉じ込める。

以上が小山田圭吾(田辺晋太郎のいとこ)による過去のいじめ行為の詳細です。まるで悪魔の所業ですよね。小山田圭吾さんの一番恐ろしいポイントは、以上のようないじめ行為を小学校~高校まで行っていたという点です。

 

ある程度の分別がつく年齢になっても非道ないじめ行為を楽しんでいたのです。そして成人した後になり、武勇伝として雑誌に語ったのです。ミュージシャンの感性は一般人のそれより独特だと言いますが、流石はカリスマです。レベルが違います。

 

以上のような過去が発覚し、小山田圭吾さん(田辺晋太郎のいとこ)を東京五輪開会式の作曲担当から降ろそうとする運動、”小山田おろし”が活発化したのです。

 

この”小山田圭吾さん辞任”が実現したことにより、田辺晋太郎さんは世間に対し攻撃的な態度を取ったのです。一般人からすると”なぜ田辺晋太郎は小山田圭吾を擁護するの?”と疑問に思うことでしょう。続いて小山田圭吾と田辺晋太郎の関係性に迫ります。

田辺晋太郎と小山田圭吾はいとこ同士

小山田圭吾さんの非道ないじめ行為を知っている人間ならば、小山田圭吾さんの五輪作曲担当辞任に反対しないでしょう。世界中が注目するスポーツの祭典ですから、世界に誇れる日本人が開会式音楽の作曲を手掛けたほうが良いでしょう。

 

それにも関わらず田辺晋太郎は「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました!良かったですねー!」とツイートしています。傍観するならまだしも完全擁護の姿勢を取った訳ですね。なぜ田辺晋太郎さんは小山田圭吾さんを助けるような行為をとったのでしょうか。

 

この田辺晋太郎さんの行いには理由があります。田辺晋太郎が小山田圭吾を擁護した理由は2人の関係性にありました。小山田圭吾さんと田辺晋太郎さんは”いとこ同士”だったのです。

oyamadakeigo-tanabeshintaro

田辺靖雄(田辺晋太郎の父親)のwikiより
>長男はミュージシャンの田辺晋太郎。
>田辺にとっては甥がミュージシャンの小山田圭吾。

田辺晋太郎の父親である田辺靖雄氏のWikipediaから発覚しました。田辺晋太郎さんと小山田圭吾さんはいとこ同士だったからこそ擁護派に回ったのです。家族なら身内を守りたくなるのは当たり前の感情です。田辺晋太郎さんは単純に暴走した訳ではなく、背景には家族愛があった訳ですね。

田辺晋太郎はTwitter投稿を削除で逃亡開始

「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました!良かったですねー!」というツイートを投稿し大炎上してしまった田辺晋太郎さんですが、早速火消し行為を始めています。問題となったTwitter投稿文を確認しようとリンクを調査すると以下の画面が表示されます。

oyamadakeigo-tanabeshintaro

「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました!良かったですねー!」が投稿されたのが7月19日の午前中でした。そこからわずか3時間足らずで投稿文を削除しています。流石にマズいと感じたのか迅速な対応でした。

oyamadakeigo-tanabeshintaro

新宿アルタ前で五輪反対デモ発生「騒ぎたい若者でクラブ状態」

バッハ会長歓迎会の歓迎会は美人コンパニオン付き飲み会!関係者証言

バッハ会長「広島視察はノーベル平和賞狙い」

小山田圭吾のクラスメイト「女子も標的で思いっきり蹴られていた」

コメント