東京五輪にまつわる政治問題

小山田米呂(小山田圭吾息子)Twitterが誹謗中傷の嵐「いじめっ子以下のネット民たち」

東京五輪にまつわる政治問題

小山田圭吾のいじめ問題が息子(小山田米呂)にも飛び火しています。小山田圭吾のいじめ問題が原因で小山田米呂さんのTwitterを始めとするSNSが誹謗中傷コメントで埋め尽くされています。

 

今回は小山田圭吾さん、小山田米呂さん(息子)を誹謗中傷する世論を斬っていきます。また小山田圭吾さんは本当に悪人なのでしょうか。

小林賢太郎さんTwitterに支持メッセージ多数「理不尽に負けないで」

小山田圭吾のクラスメイト「女子生徒もいじめ標的で思いっきり蹴られていた」

小林賢太郎さんの過去ネタに噛みつく正義マン大量発生

小山田圭吾の息子(小山田米呂)さんに誹謗中傷コメント殺到

小山田圭吾が学生時代に犯したいじめ行為が発覚し、世間は大激怒しています。小山田圭吾のいじめ行為の詳細についてはこちらをご確認ください。世論から嫌われた小山田圭吾さんですが東京五輪の開会式作曲担当を辞任するハメになったのです。

 

しかし問題は、小山田圭吾さんの息子さんである、小山田米呂さんにも被害が及んでいることです。小山田米呂さんのTwitterリプ欄は、無数の誹謗中傷コメントで溢れかえっています。小山田米呂さんのTwitterリプ欄を実際に確認してみました。

大量の誹謗中傷コメントを小山田圭吾の息子さん(小山田米呂)は、全て削除しています。上記画像を確認しても分かるように、相当な数の誹謗中傷コメントが書き込まれていたことが分かります。

 

父親の所業(それも遠い昔)により、息子さん(小山田米呂さん)が被害を被るなんて、あってはならないことです。小山田米呂さんの心中をお察しします。小山田米呂さんTwitterに、誹謗中傷コメントを書き込む人間は、自らの行いの卑劣さに気付いていないのでしょうか。

 

小山田圭吾さんの過去の行いは非道です。確かに許されることではないでしょう。しかし息子さんである小山田米呂さんに落ち度はないのです。罪のない小山田米呂さんに誹謗中傷コメントをする人たちは、学生時代の小山田圭吾さん以下であると言わざるを得ない。

 

以下、小山田米呂さんが受け取った、誹謗中傷コメント一覧です。このような書き込みをした人たちは、即刻小山田米呂さんに謝罪するべきでしょう。

  • 大丈夫?パパにうんこ食べさせられたり、バックドロップされたり、自慰を強要されたりしなかった?
  • いじめ野郎の息子イケメンやね
  • パパの過去の行為に対する沈黙は、君もいじめ差別に賛同してるってことかな?
  • なに?アンタも同級生蹴っ飛ばしてたん?

正面から堂々と小山田米呂さんを批判するならまだしも、インターネットの匿名性を利用し誹謗中傷コメントを残す人たちは己を恥ずべきです。

小山田米呂さんTwitterアカウント

ここでは誹謗中傷を受けている、小山田米呂さんのTwitterアカウントを紹介します。小山田米呂さんのツイッターIDは「@oymdmilo」です。若いながらもミュージシャンとして、ご活躍されているご様子。

ツイッター投稿そのものは、6月23日を最後にツイートが止まっています。しかし、成功者を妬むネット民は、関係のない昔のツイートに噛みついているのです。続いて”本当に小山田圭吾さんは悪人なのか”について切り込みます。

小山田圭吾さんは本当に悪人なのか

小山田圭吾さん、小山田米呂さんを取り巻く誹謗中傷の嵐は、一向に止む気配がありません。むしろ、誹謗中傷の勢いは激化しています。ここでは、全ての元凶と言われている小山田圭吾さんは、本当に悪人なのか検証します。

 

まず結論から言いますと、過去の小山田圭吾さんは、間違いなく非道な行いをしました。小山田圭吾のいじめ行為の詳細についてはこちらをご確認ください。身体の不自由な同級生に、暴力を振るったことは、許されることではない。

 

しかしそれだけでは、小山田圭吾さん=悪人という図式は、成り立たないのです。”悪を憎んで人を憎まず”という言葉があるように、小山田圭吾さんの過去は批判されても仕方ないでしょう。しかし、小山田圭吾さんご自身は、過去の行いを悔いているのです。己の過去を悔いることの出来る人間は、本当に悪人でしょうか。

 

小山田圭吾さんのような著名人が、正式な謝罪文を提出することはハードルが高いです。それにも関わらず、小山田圭吾さんは、自分の過去を反省しているのです。少なくとも小山田圭吾さんは、悪人ではないと言っていいでしょう。以下、小山田圭吾さんからの謝罪文です。

「非常に未熟な人間であったと思います。」「非難されることは当然であると真摯に受け止めております。」小山田圭吾さんの心の底からの謝罪です。責任と立場の板挟み状態になり、さぞ精神的に辛かったことでしょう。心中お察しします。

 

人間には間違える権利があります。誰しも間違いの一つや二つ犯します。過去の過ち一つで、悪人呼ばわりされては、生きとし生ける人類全員が悪人です。程度の違いはあるにしても、子供時代に”いじめ行為”に加担したことくらい誰でもあります。なのになぜ小山田親子のみバッシングされるのでしょうか。

 

むしろネット上で、小山田圭吾さん・小山田米呂さんを誹謗中傷している人間こそ、本当の悪人と言わざるを得ない。なんなら正面からいじめ行為を働いた小山田圭吾さんと、匿名性を盾に誹謗中傷コメントをするネット民を比べたら、小山田圭吾さんの方がよっぽど立派です。才能ある人物を妬むことは止めるべきでしょう。

小山田圭吾のクラスメイト「女子生徒もいじめ標的で思いっきり蹴られていた」

小林賢太郎さんの過去ネタに噛みつく正義マン大量発生

小林賢太郎さんTwitterに支持メッセージ多数「理不尽に負けないで」

コメント