トレンド

【闇深】ファイザー社の機密保持契約の一部がネットに流出「ワクチン効果が無い事を明記し、接種による死亡責任を国家として法的に問わない事を認める」文言が記載!

トレンド
※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

コロナワクチンを巡ってネット上で様々な推測が飛び交っています。そんな中、衝撃的なニュースが飛び込んできました。なんとファイザー社の機密保持契約書の一部がネットに流出しているというのです。

【闇深】ファイザー社の機密保持契約の一部がネットに流出「ワクチン効果が無い事を明記し、接種による死亡責任を国家として法的に問わない事を認める」文言が記載!

製品の供給
“ファイザー社は、納品予定日に沿った用量の納品ができなかった場合、いかなる責任も負わないものとします…また、そのような障害は、購入者に本製品の数量の注文を取り消す権利を与えるものではありません。”

“ファイザーは、ファイザーが決定する原則に基づいて、購入者に支払うべき契約用量および納品スケジュールの数の必要な調整を決定するものとし、購入者はいかなる修正にも同意するものとします。”

Supplying the product:
“Pfizer shall have no liability for any failure to deliver doses in accordance with any estimated delivery dates… nor shall any such failure give Purchaser any right to cancel orders for any quantities of Product.”
“Pfizer shall decide on necessary adjustments to the number of Contracted Doses and Delivery Schedule due to the Purchaser … based on principles to be determined by Pfizer … Purchaser shall be deemed to agree to any revision.”

はっきりさせておきましょう。
「購入者はここに、法律上、衡平法上、またはその他の方法で、以下に起因または関連する、ファイザーによる契約用量の納入予定表に従った納入の失敗から生じる、すべての権利および救済手段を放棄します。

もう一度言います。”いかなる状況においても、ファイザーは納品遅延のペナルティーの対象とはならず、またその責任も負いません。”

何があっても返品はできません。

“ファイザーは、いかなる状況においても、製品(またはいかなる用量)の返品を受け付けません…いかなる状況においても、製品の返品はできません。”

Just to make it clear:
“Purchaser hereby waives all rights and remedies that it may have at Law, in equity or otherwise, arising from or relating to:.. any failure by Pfizer to deliver the Contracted Doses in accordance with the Delivery Schedule.”
Once again: “Under no circumstances will Pfizer be subject to or liable for any late delivery penalties.”
You can’t return the product, no matter what:
“Pfizer will not, in any circumstances, accept any returns of Product (or any dose)…no Product returns may take place under any circumstances.”

破損した商品。
リコールを受ける唯一の方法は、お客様がcGMP違反を証明できる場合です。”明確にするために、購入者は、製品が仕様またはcGMPに実質的に適合していない場合を除き、サービスクレームに基づいて製品を拒否する権利を持たないものとします。”
この契約は、州のいかなる現地法にも優先します。
長期的な効果と効率
“購入者は…本ワクチンの長期的な効果および効能は現在知られておらず、また、現在知られていない本ワクチンの副作用が存在する可能性があることを認める。”

Damaged goods:
THE ONLY WAY to get a recall is if you can prove cGMP fault.”For clarity, Purchaser shall not be entitled to reject any Product based on service complaints unless a Product does not materially conform to Specifications or cGMP.”
This agreement is above any local law of the state.
Long term effects and efficiency:
“Purchaser acknowledges…the long-term effects and efficacy of the Vaccine are not currently known and that there may be adverse effects of the Vaccine that are not currently known.”

原因による解約。
解約の可能性についての条項がありますが、実際には、これまで見てきたように、買い手には重大な違反とみなされるものはほとんどありませんが、ファイザーは、お金を得られない場合やそう判断した場合には、簡単にそうすることができます。
あなたは、ファイザー社が承認を得たかどうか(それはEU以前の承認でした)、あるいは本契約書に記載されている推定納入日に従って契約用量を納入したかどうかにかかわらず、あなたがどれだけ消費したかにかかわらず、あなたが注文した用量の代金をファイザー社に支払わなければなりません。

Termination for cause:
There are clauses about termination possibility, but in fact, as you saw so far, the buyer has almost nothing that can be considered a material breach, while Pfizer can easily do so if they don’t get their money or if they deem so.
You must pay Pfizer for the dosages you ordered, no matter how much you consumed, regardless if Pfizer got it approved (it was a pre-EU approval) or if they delivered the Contracted Doses in accordance with any estimated delivery dates set forth herein.

購入者はここに、ファイザー社、バイオンテック社(および)その関連会社を、あらゆる訴訟、請求、要求、損失、損害、負債、和解、罰則、罰金、費用および経費から補償し、防御し、ファイザー社、バイオンテック社に害を及ぼさないことに同意するものとします。

“Purchaser hereby agrees to indemnify, DEFEND AND HOLD HARMLESS Pfizer, BioNTech (and) their Affiliates…from and against any and all suits, claims, actions, demands, losses, damages, liabilities, settlements, penalties, fines, costs and expenses…”

国家は、ファイザー社を弁護しなければならない。
「(ファイザー)は、補償を求める損失を購入者に通知する…かかる通知を受けて、購入者は速やかに(ファイザー)に代わってかかる補償対象請求の防御を指揮・管理するものとする」。
ただし、”ファイザーは、かかる防御の管理を引き受ける権利を有し…購入者は、発生した合理的な弁護士費用およびその他の経費を含むがこれに限定されない、すべての損失を支払うものとする。”

引用:https://ameblo.jp/journalist-galaxyunion/entry-12689025692.html

ネットの反応

・ワクチンは無駄と言うことですかね。リスクだけあってふざけるな

・今更ふざけるなよ!!

・この情報は、スクショして置きましょう!。消される可能性が。

・日本でもDSの洗脳マシンに騙されてる政治家が多数います。河野さん、岸田さんは枠パスをすでに言い出している。それが証明。

・本当だったら、沢山の被害者が出てる事になり、もう弁解で来ないかもね

・ワクチンは無駄、リスクがある、しかも、副反応あっても死んでも、説明事項にサインしたから、 自己責任、です。

ワクチン接種では大勢の方が亡くなっているようです。実際に報道されていないだけで他にも多数の方が亡くなっていることでしょう。

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント