政治

【朗報】高市早苗氏が自民党政調会長に就任「国益重視の保守派政策が通りやすくなる」

政治
※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

岸田新総裁のもと、高市早苗氏が自民党政調会長へ就任することが分かりました。政調会長は政党公約や法案について大きな影響力を有するポジションです。

【朗報】高市早苗氏が自民党政調会長に就任「国益重視の保守派政策が通りやすくなる」

自民党の岸田新総裁は、10月1日に党役員人事を決定することにしていて、人選を進めています。

そして、岸田氏は、政務調査会長に、みずからと総裁選挙を争った、無派閥の高市早苗・前総務大臣を起用する意向を固めました。

高市氏は、衆議院奈良2区選出の当選8回で、60歳。無派閥です。

平成5年の衆議院選挙で無所属で初当選し、旧新進党などに所属したあと、平成8年に自民党に入党しました。

安倍前総理大臣と保守的な政治信条が近いことで知られ、平成18年の第1次安倍内閣では沖縄・北方担当大臣として初入閣しました。

その後、第2次安倍内閣の発足に伴い、政務調査会長に就任し、総務大臣などを歴任しました。

そして、今回の総裁選挙に立候補し、安倍氏の支援を受けて、岸田氏と争いましたが、1回目の投票で3位となり、敗れました。

決選投票では、高市氏を支持した議員の多くが、岸田氏に票を投じたものとみられ、岸田陣営と連携し、岸田氏の勝利に貢献しました。

岸田氏としては、みずからと総裁選挙を争った高市氏を政務調査会長に起用することで、党内融和を図るとともに、高市氏が安倍氏と近いことから、政権運営の安定を図るねらいもあるものとみられます。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210930/k10013284301000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

ネットの反応

・幹事長の次に重いポスト。出来れば外務大臣になって欲しかった

・党三役って凄いわ。出世街道まっしぐら。高市さんおめでとうございます。頑張ってください!

・政調会長がショボイとか言ってる馬鹿は何も分かってねーな。党の政策を纏めるポジションだから政策通の高市にはうってつけのポジションなんだけどな。まあ、たしかに目立つポジションではないけども

・党内で保守派の政策通り易くなるんじゃないか。

・政調会長は一つの例をあげると選挙公約(マニフェスト)などの運用を兼ねてる

・あらゆる政策に通じているんだから政務会長が適任だぞ。逆に少子化対策しか能がない野田じゃあ付けないポジション

高市早苗氏は心機一転して岸田新総裁のもと活動していく意向を示しています。

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント