政治

河野太郎さん「自分の仕事は100点満点中120点だと思う」⇒ネット「勝てないのはそういうところなんやで。河野さん」

政治
※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

菅内閣として最後の閣僚会議が終了しました。記者から「自身の働きぶり」について100点満点中で何点か?と問われた時、「120点」と回答しました。

河野太郎さん「自分の仕事は100点満点中120点だと思う」⇒ネット「勝てないのはそういうところなんやで。河野さん」

 河野太郎行政改革担当大臣は4日午前、菅内閣として最後の閣議後会見を開き、自身の働きぶりについて「100点満点で120点ぐらいいただけるんじゃないか」と評価した。

「1年1カ月を振り返ってみると、菅内閣の一丁目一番地という位置づけで規制改革がスタートしたが、遥か昔のような気がする」と振り返った河野大臣は、行政事業レビューや霞が関の働き方改革などについて「一定の成果は出せたと思っている」と評価。一方、沖縄及び北方対策については目立った進展がなく、「少し残念に思っている部分がある」とした。

また、ワクチン接種推進担当としては、「全人口の6割が2回接種、1回接種を終えた方が7割というのは非常によかったのではないかと思う。総理から1日100万回とか、7月末までに高齢者2回接種という極めて高いハードル、もうほとんど走り高跳びというか棒高跳びみたいな感じがしたが、自治体あるいは医療関係者、関係のみなさまのご協力をいただいて、概ね達成できたかなと思っている」と述べた。その上で、記者から「1年の仕事ぶりを100点満点で自己採点すると何点か」との質問が出ると、「おそらく100点満点で120点ぐらいいただけるんじゃないかと思っているが、それはみなさんの評価を待ちたいと思う」と答えた。(ABEMA NEWS)

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/35c4bc4a595de189593b908857a2863ddcdeb98d

ネットの反応

・120点…て、そう言うトコなんですよ。評価と言うのは周りがするもの、自己採点は謙虚にね。しかも、沖縄や北方問題に進展がなく残念と言いながらの120点…どういう事?

・この人の性格は今回の会見で良く分かったと思います。改めて、総理総裁に成らなくて良かったと思いました。自信満々なのは構いませんが、国民目線に立って、国民の声をしっかりと聴いてほしいと思います。でも、きっと上から目線で、自分中心の考え方は変わらないでしょうね… 世間知らずのお坊ちゃまには…

・総裁選の惨敗でも反省しないで自分自身を過大評価する河野氏のその態度こそが多くの国民や有権者に嫌われる元です。

・実際に頑張ったのは現場の人間だけどねー。調達する人、差配する人、打つ人等等。そこを差し置いて自分を持ち上げる精神がなぁ。

・満点越えの120点を自分に付けちゃうあたりが総裁選の敗因ではないでしょうか?ここは日本だから、そこは少し謙虚でないと下のものは付いてこないでしょう。

・成果はあったけど、その反面強硬に出る事が当たり前と思っている事が分かってきた。行政の上では力技も必要かもしれないが、いつでもどこにもそれでは組織はうまく機能しない。人心を掴んだうえでの力技でなくては、ただの暴君となってしまうだろう。そういう危うさが見える限り、総理は無いだろうね。

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント