政治

【朗報】アメリカが台湾の国連参加支持を表明「TPPはじめ中国包囲網を意識」

政治
※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

ブリンケン米国務長官は26日、台湾の国連組織への参加を支持するとした声明を発表した。

【朗報】アメリカが台湾の国連参加支持を表明「TPPはじめ中国包囲網を意識」

【ワシントン=渡辺浩生】ブリンケン米国務長官は26日、台湾の国連組織への参加を支持するとした声明を発表した。声明は国連が中国の加盟と台湾の脱退を決議してから今月25日で50年を迎えた節目を踏まえ、この間の民主主義の成熟化や新型コロナウイルスの防疫の成功例などから、「台湾の排除は国連と関連機関の重要な活動を弱らせる」と強調。他の国連加盟国にも同調を呼びかけた。

米国務省は22日には台湾外交部(外務省に相当)と台湾の国連や他の国際機関参加拡大に向けた高官協議をオンラインで開催。先立つ21日にはバイデン大統領が、台湾を防衛する責任があると明言するなど〝台湾シフト〟を鮮明にする。

バイデン政権は、台湾を「不可分の領土」として威圧を強める中国に対抗し、外交・軍事的な対中抑止戦略と同時並行で、国際社会に台湾が占める「スペース(空間)」の拡大を後押しする方針とみられる。

ブリンケン氏は、台湾の民主化成功が「透明性、人権の尊重、法の支配といった国連の価値観と一致する」と評価。先端技術経済や文化、教育などソフトパワー拠点としても不可欠であり、「米国は台湾を価値あるパートナー、信頼する友人と考える国連加盟国の一つだ」と強調した。

そのうえで、地球規模の複雑な課題に対処するには、2400万人の台湾市民を含めた国際社会の取り組みが必要とし、台湾の国連組織への「意味ある参加は政治問題ではなく現実的な課題だ」と訴えている。

声明は、「(台湾の)世界一級のコロナ対応からわれわれは多くを学んだが、台湾は世界保健機関(WHO)総会にいなかった」と指摘。台湾の科学者や人権活動家らが「(国連の)諸活動への参加を遮断されてきた」と、名指しを避けつつ台湾除外を図る中国を批判した。

引用:https://www.sankei.com/article/20211027-G5GL7MJWRRJC7F42GAGN3ODZPE/

ネットの反応

・いい方向だ。強固に進むべきだ

・そろそろ軍需産業や石油産業に強いロックフェラー財団の出番ですかね。ロスチャイルドが中国の人権侵害を批判して、金融資本でコントロールする。何かあったらロックフェラーが軍需産業や石油産業で稼ぐ。できすぎている

・特別な強みを持っていると、いろいろ助けてもらえる。 米中に続く世界3位の国連分担金を負担する日本の常任理事国入りは

・日本も単なる”お友達”ではなく、戦略的パートナーとして関係を深化してほしい。

・バイデンができなくても、世界の金融システムを構築したロスチャイルド(国際金融資本)はできます。やろうと思えば、金融危機も仕掛けられます。

・やはり軍の中枢部はバイデンの意向には沿っていないようで何よりです!バイデンはチャイナに弱みを握られているので踏み込んだことは出来ませんから。

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント