眞子&KK

「小室圭さん来年2月の試験失敗なら日本へ出戻り」説⇒皇室記者「就職先には日本から”口利き”されている。圭さんには十分な準備時間と環境が用意されるため合格濃厚」

眞子&KK
※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

小室圭さんの来年2月の司法試験再受験にむけて皇室関係のライターから情報を入手しました。

「小室圭さん来年2月の試験失敗なら日本へ出戻り」説⇒皇室記者「就職先には日本から”口利き”されている。圭さんには十分な準備時間と環境が用意されるため合格濃厚」

景色が一変した。秋篠宮家の長女・眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)が米ニューヨーク州の司法試験に不合格だったことがわかった。

小室さんは米フォーダム大ロースクールを卒業後、7月にニューヨーク州の弁護士試験を受験。その結果が29日、同州司法試験委員会のホームページで発表されたが、そこに小室さんの名前はなかった。

試験は9227人が受験し、5791人が合格。全体の合格率は63%、初めて受験した人の合格率は78%だった。また、圭さんが卒業した米フォーダム大ロースクールなど、米国内で法律の勉強をしていた生徒の初回合格率は87%というデータもある。

NHKによると、小室さんは日本で勤務していた弁護士事務所の所長・奧野善彦氏に同日午前に電話し「今回の試験の結果は不合格でした。大変申し訳ございません」と報告。来年2月の司法試験に再チャレンジすることを明かしたという。

26日に結婚したばかりの眞子さんは夫の不合格を受け止め、今後も「支えていく」と決意。現在パスポートを取得している最中で、渡米の意向に変更はない。

ただし、不合格で人生プランに狂いが生じたことはたしか。小室さんはすでにニューヨークの法律事務所「L」でLaw Clerk(法律事務員)として働いているが「ドライな米国社会では司法試験に2回連続で落ちるとクビになりかねない」(米国在住ライター)という。

しかも〝弁護士見習い〟的な位置付けのLaw Clerkですら、1年目は寝るヒマもないほどの激務だ。

「再チャレンジに向けてどうやって勉強時間を確保するのか。司法試験の合格率が初回ほど高いのはそのためで、仕事と試験勉強を両立させるのは難しい。小室さんはいきなり厳しい現実に直面したことになります」(同)

収入の面でも弁護士と事務員では雲泥の差があり、司法試験に合格した前者なら年収2200万円程度、後者は600万年程度になる。

「夫婦の置かれた状況を考えても、来年2月の試験がラストチャンスになる可能性が高い。ここで合格できれば問題ないが、万が一ダメなようだと、日本に戻ることも考えなければいけない」(キー局皇室担当ディレクター)

入籍後の会見で眞子さんは小室さんの留学について「前倒しして海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました」と語っている。〝自由の国〟アメリカで暮らしたいのは眞子さんの方なのだ。

引用:https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3761227/

  • 「小室圭さんが来年2月の司法試験に受からない可能性が非常に濃厚だと言われていますが、そんなことはないでしょう。既に日本から法律事務所には多額の援助が入っている可能性が非常に濃厚です。つまり”小室圭を雇用するor丁重に扱う”ことを条件にしているはずです。つまり十分な準備時間と環境が用意されるため合格濃厚とみていいでしょう。」(皇室記者)

ネットの反応

・真子の貯金が一杯あるから当面は贅沢しても大丈夫!最悪、秋篠パパがずーと援助してくれるから愚民共は安心しなさいってか?。

・宮内庁もマスゴミもなんで試験に受かるという前提にしたんかしら。結婚したんだからお二人でこの苦難を乗り切ってください。お父様や税金に頼ってはだめですよ。眞子さんにはそれなりに蓄えもあるそうだし今こそ内助の功ですよ。

・何で、合格前に入籍して、会見なんかしたのかねえ。本人たちや秋篠宮家、そして宮内庁と、リスクを全く考えなかったとしたら、アホすぎる。これが、我が皇室をとりまく環境?

・こいつらがクソなのは言うまでもないが、秋篠宮家は皇室の品位を落とし国民の信頼を失った

・そもそも3年前の時点で裏でロイヤルパワーバリバリに使って環境整えてから婚約会見すりゃよかったのに

・もう正式に夫婦なんだからさ、静かに見守ってあげようよ(´・ω・`)小室さんが皇室の権威を利用しない限りそうしたほうがいい気がする。

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント