政治

【恐怖】経産省「現役世代を74歳まで引き上げ、高齢者を支えれば、2065年まで年金制度を維持できます」⇒ネット「え、地獄?」「多分、俺生きてないわww」

政治
※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

経産省が恐るべき年金方策を発表しました。前々から噂されていましたが、定年を75歳まで引き上げて”年金制度を支える側”とした場合、現在の年金制度を継続できるとのこと。

【恐怖】経産省「現役世代を74歳まで引き上げ、高齢者を支えれば、2065年まで年金制度を維持できます」⇒ネット「え、地獄?」「多分、俺生きてないわww」

労働年齢の「延長」は救済となるか
支える側が「支えられる側」なる未来。経済産業省は「老後も働く」という提案を以って、その構図を変えようとしています。

“高齢者が支え手になれば、無理なく支えられる社会へ
65歳以上を「支えられる側」とすると、2017年に現役世代2.1人で1人の高齢者を支えることに。2065年には1.3人で1人の高齢者を支えることに。

75歳以上を「支えられる側」とすると、2017年に現役世代5.1人で1人の高齢者を支えることに。2065年であっても、2.4人で1人を支えることが可能。”経済産業省『2050年までの経済社会の構造変化と政策課題について』(平成30年)

実際、高年齢者雇用安定法の改正によって、65歳から70歳までの就業機会を確保するための努力義務が新設されました。とはいえ実情を見れば、「嘱託社員になって給与半減」「そもそも再雇用に積極的ではない」という声も聞かれます。

国が働き続けることを推進している一方で、「働きたくても働けない」世代がいる現実。大きな歪みへの対応が求められています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/f73fa391ef0e08fcf802b3a05ef26f62fd9488c5?page=2

ネットの反応

・どこも雇ってくれないだろ。あっても時給千円あるかどうかだな

・で、年金貰える歳になったら無理が祟って病気になり死亡と。お上は年金払わずに済みますと。もう詐欺じゃんこれ

・ゴールがどんどん向こうに行っててワロタ…

・先ず普通に体にがたがきて仕事とか無理な年齢だ

・死ぬまで働けと

・俺は多分死んでるわ

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
保守系ニュース速報

コメント