トレンド

【なぜ日本の研究者は中国へ行くのか?】中国ネット「年功序列で上昇の余地がない日本に流れるのは二流、三流の人間」「日本人研究者は日本の学生に失望し中国人を育成してきた。その弟子たちが先生を中国に呼んでいる」

トレンド
※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

【なぜ日本の研究者は中国へ行くのか?】中国ネット「年功序列で上昇の余地がない日本に流れるのは二流、三流の人間」「日本人研究者は日本の学生に失望し中国人を育成してきた。その弟子たちが先生を中国に呼んでいる」

2021年11月8日、中国メディアの観察者網は、日本の有力な学者が相次いで中国に流出している現状に関する日本メディアの報道を紹介する記事を掲載した。

記事は、日本の著名な光触媒研究の専門家である藤嶋昭東京理科大学元学長が上海理工大学に活動拠点を移し、同大学が藤嶋氏のために数十億円を投じて新たに研究所を設立する予定であること、2019年には日本の脳神経研究の専門家である御子柴克彦氏が上海科技大学免疫化学研究所の教授となり、土木工学の専門家である上田多聞・北海道大学名誉教授も深セン大学での活動を選択したことなど、日本の学術界の重鎮的人物が続々と中国に活動の場を移していると日本メディアが報じたことを伝えた。

そして、日本メディアが日本の貴重な学者の中国流出について、資金や経費不足などにより日本国内の学術研究環境が徐々に悪化していること、一方で中国の研究開発費用は2000年からの20年間でおよそ13倍にまで膨らみ、日本の研究経費の3倍にまで達していることを挙げ、「研究を続けたい」という学者の思いと、中国の優れた研究環境が大きな原動力になっているとの見解を示したことを紹介している。(中略)

この件について中国のネットユーザーからは「30年間成長しない中で科学技術分野の予算を増やせば、医療、教育、年金、国防、インフラ、中小企業支援、治安などさまざまな部分の予算が減ることになる。日本が復活するのは不可能」「年功序列で上昇の余地がない日本に流れるのは二流、三流の人間。一流の人間は米国でチャレンジし、そこで天井にぶつかったら中国に戻ってくる」「この世代の日本人研究者はかねてより日本の学生に失望し、中国人学生を弟子として育成に力を入れてきた。その弟子たちが先生を中国に呼び寄せようとしているのだろう」といったコメントが寄せられた。(翻訳・編集/川尻)

引用:https://www.recordchina.co.jp/b884811-s25-c30-d0193.html

ネットの反応

・これは政府は真剣に対策しないとまずいよ

・政府、大学関係者の危機意識の低さに唖然とする

・いま旧帝大学院の修士1年ですが、博士課程まで進もうと考えている(or 既に博士課程に入ってる)周りの人で、日本で研究者になるという選択肢を視野に入れてる人を見たことない

・アフリカイランには年間毎年数兆円パパ活して、オリンピックというぼったくりバーに入り浸って13兆円とかしてるのに大学の研究費は年間3500億しかださない日本政府流石っす

・大学を独立行政法人にしてから予算審査厳しいよね

・研究者たちもボランティアでやってる訳じゃないからね、お金を出してくれる所に行くのは当たり前。

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント