韓国人の声(NAVER)

【マスコミがカジノ反対に必死なワケ】世界各国の大手カジノ企業が韓国を離れ日本移設を要望していると判明

韓国人の声(NAVER)
※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

【マスコミがカジノ反対に必死なワケ】世界各国の大手カジノ企業が韓国を離れ日本移設を要望していると判明

シーザーズ・パレスやMGMなど世界屈指のカジノグループが韓国を離れ日本に向かっているとし、これに警鐘を鳴らす記事が韓国紙に掲載された。

毎日経済新聞は10日、『カジノ恐竜シーザーズとMGM…韓国を離れ、結局日本に向かう』を掲載し、「100超ウォン(約9.6兆円)台の市場をめぐって繰り広げられた韓・中・日3国のカジノ覇権が日本に移る勢いだ」と報じた。

シーザーズは今年初め、韓国仁川の複合リゾート(IR)におけるカジノ事業の株式50%売却し、韓国事業から離れた。代わりに日本の和歌山にあるクレアベストIRのカジノ運営者として公式に選定されたことを発表している。毎日経済新聞は、シーザーズが2014年に仁川IRの外国系カジノ専門業者の2企業のうちの1つとして選ばれたが、これを投げ出した形だ。毎日経済新聞は「衝撃的」と伝えた。

MGMは釜山北港のカジノ事業に乗り出すも、「外国人カジノ許可権を2カ所以上与えないという韓国政府の規制に阻まれ、結局釜山北港行が挫折すると日本に去った」と同紙は伝え、「MGMが大阪ドリームアイランド事業に今後9兆ウォン(8600億円)以上投資する計画を明らかにした」と同紙は伝えている。

毎日経済新聞はカジノグループが相次いで日本を選ぶ状況について「朴槿恵政府に続き、文在寅政府が推進してきた《韓国版ラスベガス》が暗礁に乗り上げた」とし、「7年間力を入れてきたカジノ市場の覇権を日本に丸ごと差し出すかのようだ」と懸念した。

同紙はアジアのカジノ市場規模を約100兆ウォン(約9.6兆円)としつつ、日本のカジノ導入によって韓国のカジノ産業の損害について「1年に770万人程度の内外国人が日本に離脱する場合、年間2兆7600億ウォン(約2660億円)が抜け出すことになる」「カジノ産業が丸ごと奪われる」との専門家意見を伝えている。

引用:https://korea-economics.jp/posts/21111104/

ネットの反応

・外資+竹中orパチンコメーカーが儲かるだけでパチンコ屋が潰れるとか甘い期待しないほうがいい

・なーるほど。反対派はカジノに客取られそうな在日本パチ屋と日本にカジノ利権持ってかれそうな半島利権団体とその意を受けた日本のマスコミって事か。日本人不在。www

・普通に考えて韓国より日本の方が接客も良いし、治安も良いからな。なにより日本の方が集客力が上だろう。

・なるほどね、日本で執拗にカジノ反対をわめくマスゴミが多いのはそのせいか。
パチンコにはだんまりなのにね。

・横浜で必死にカジノ反対してた連中の正体は

・代わりにパチンコ産業全部持って行っていいから

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント