政治

辻元清美さん「立民の敗北は”野党第一党病”だったのでは?維新を甘く見ていた」⇒ネット「違います。貴方に限って言えば国民が見限ったからです。」

政治
※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

辻元清美さん「立民の敗北は”野党第一党病”だったのでは?維新を甘く見ていた」⇒ネット「違います。貴方に限って言えば国民が見限ったからです。」

前衆院議員の辻元清美氏が12日、ネット番組「ポリタスTV」に生出演。衆院選で落選した理由などについて分析した。立憲民主党の副代表だった辻元氏は、10月31日に投開票が行われた衆院選に大阪10区で出馬したが、維新の会の池下卓氏に敗北した。

冒頭、「たくさんの方に応援していただいていたのに、議席を失ったというのが、本当に申し訳ない。立憲(民主党)の代表どうするか、とか大事な時期に、議席を失った、っていうのは、バカバカバカ、って自分を責めてる。何してんねん、お前は、と」と率直な胸中を明かした。

落選の理由について問われ、「維新が大阪で非常に強くなってきた。“風”ということだけではなく、大阪で圧倒的な権力を持っていた」と維新の圧倒的な強さに屈したと一つ目の敗因を挙げた。一方で、「(アメリカの)トランプの現象見てて、ちょっと維新と似てるんじゃないか、と思った」とも口にし、「維新は攻撃することによって、憎悪を煽って、自分たちの勢力を作っている」と批判した。

二つ目として、「(立憲は)野党第一党病にかかってたんちゃうか」とし、「政権の受け皿になるはずだ、というところが、有権者の感覚や思いとズレていたんではないか」と分析した。

2002年、秘書給与疑惑で衆院議員を辞職した経験を持つ辻元氏は、「あの時は人前に出るのはもう嫌、人前から消えてしまいたい」と思ったと述懐。今回は「今は淡々と今の現実を受け入れて。これから何を学ぶか。第2の挫折」と話した。

落選から約2週間。「だいたい朝起きたら、『行く所ない…』(と思う)」と苦笑。「少し私、しんどかったんです、この4年間」と国会対策委員長として、予算委員会で安倍政権と対峙したことなどを振り返っていた。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/4c810703e38347bfcb6d62537498ce36a9aaa630

ネットの反応

・政権の受け皿になれるという思い込みがあったという分析は間違っていません。ただ、維新とトランプは別のものだと思います。ディスるつもりはないですが、あなたの大衆受けするキャラも賞味期限が切れ、いやらしさが悪目立ちするようになってきていましたよ。

・まず最初に言いたいのは「自己分析はそれですか?その分析能力の無さがダメなんです」ということですね。負けた理由はいくつもあるのですが、まず挙げたいのは、山拓を応援に読んだことです。2つめは立民が共産党と共闘したことです。3つ目は常々批判ばかりで立民の主体的な政策が後回しになっていたからです。

・なにしとんねん、って批判しかしないから当然の結果。批判だけなら誰でも出来る
要は実行力がなく口先だけ。批判ネタ探す暇があったら、改善策を探し国益になるような発言をすべきでしたね。日本は日本らしく、他国との協調も必要だが他国文化に染まる必要はない

・「政権の受け皿になるはずだ、というところが、有権者の感覚や思いとズレていたんではないか」レンポーや小沢一郎のツイッター投稿もどうかと思ったが、私は特にあの野党ヒアリングが大嫌いだった。

維新や国民民主党は以前から、立憲や共産・社民が官僚のみなさんを詰問する「野党合同ヒアリング」を疑問視して参加してこなかった。報道によると「今後も出席しない」と表明しています。政権側の不祥事などを追及するのに、官僚をいくらたたいても意味ないですよ。

・辻元さんは、インタビューで負けた維新の候補のことは「少しも脅威ではない」という余裕のコメントをしていたことからも選挙で負けたことはショックだった。でしょう。「敵を知り、己を知. れば百戦危うからず」という孫子の兵法の一節のように維新の盛り上がりを知らず、自分の評価の低さを知らなかった結果でしょう。

・ご自身に大きな問題があったのではないでしょうか。もっと自己分析をして下さい。

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント