政治

フランス人評論家「中東/アフリカから移民が押し寄せ白人社会は圧倒されている。このままではフランスは、イスラム国家になる」⇒ネット「日本も同じ。気を抜くと中国日本支部になる」

政治
※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。      ブログランキング・にほんブログ村へ

フランス人評論家「中東/アフリカから移民が押し寄せ白人社会は圧倒されている。このままではフランスは、イスラム国家になる」⇒ネット「日本も同じ。気を抜くと中国日本支部になる」

 5カ月後に迫る大統領選で、扇動的な評論家が選挙の構図を激変させた。エリック・ゼムール氏という。

「このままではフランスは、イスラム国家になる」が彼の持論。白人がかつて植民地を広げたように、今度は中東やアフリカから移民が欧州に押し寄せ、白人キリスト教社会を圧倒する、というのだ。

欧州域外からの移民とその子供は現在、仏人口の約13%を占める。それが白人社会を凌駕するとは信じがたい話だが、世論調査では仏国民の61%が「現実になりうる」と答えた。

先日は、故郷を訪ねる番組でイスラム女性に突然、「スカーフを取ってください」と迫った。住民が騒ぎ、殺気立つ場面を中継しながら、トークショーは「これぞ本音の論議」と盛り上がる。彼は日本ファンでもある。「移民を拒んできた日本こそ、モデルにすべきだ。失業率は低く、貿易は黒字。治安もよい。フランスにないものがある」と絶賛する。

彼の登場で、政治論戦は「移民と治安」一色になった。新型コロナウイルス禍後の経済復興、医療や環境問題など、国の課題はめじろ押しなのに、さっぱり論議が広がらない。

引用:産経新聞

ネットの反応

・この感覚が普通というか当たり前ですよね。なのに、日本国籍のない人に参政権をって選挙を戦った党があるらしいんですよ。┐(´д`)┌やれやれ。そういえば、武蔵野市の市長ってその党ご出身ですよね。なんだかなー

・当たり前でしょう。だらだら受け入れすれば国民も怒るよ!ましてやイスラム教徒のなかには必ず良からぬ奴等が紛れてるのは事実だもんね!今のフランスは私の知ってるフランスじゃない。

・今までが酷かった。フランスだけでなくEU全部がやり過ぎではないかと思ってた。国民が不安で怖くて悔しかったのではないかと感じてたから少しでも改善されるといいですね。大変でしょうけど頑張って欲しい

・アメリカのマネして移民受け入れるとまぁそうなるよね。アメリカは移民が作った国だからうまくいったんだよ。

・「反移民」=「差別主義者」「極右」とレッテル貼りされて口をつぐんでいた人達が表に出てきただけのこと。

・反移民、当然だと思います。共生、多様性は我儘で有りまやかし、それらが主導権を握る事は混乱を招き主権国家の衰退に繋がります。自国ファーストが素直で自然、真面な考え方だと思います。

※ブログランキング参加しております。クリックのご支援何卒宜しくお願いします。    ブログランキング・にほんブログ村へ
だいちゃん速報

コメント