廣瀬爽彩さんイジメ事件

北海道の旭川市で14歳の廣瀬爽彩さんが自殺した事件。廣瀬爽彩さんは同級生からの度重なるイジメに耐えかねて命を絶ちました。今回は廣瀬爽彩さんを死に追いやった旭川のいじめ加害者の実名、顔画像、学校を特定しました。旭川いじめ事件の加害者の実名は赤井楓翔、中尾まほであると特定されています。赤井楓翔の親は自衛隊の大隊長。中尾まほの母親は看護師で、それぞれ顔画像まで判明。赤井楓翔の顔画像はインスタグラムから特定し、中尾まほの顔画像は地元民のタレコミから入手。その他、廣瀬爽彩さんがいじめられていた現場を目撃した同級生の証言も掲載。旭川イジメ加害者たちの情報を入手し随時更新していきます。

廣瀬爽彩さんイジメ事件

保護中: 赤井ふうとは退学していた「石を家に投げ込まれている夜逃げする予定」同級生にLINEでSOS

旭川いじめ事件の加害者であると特定された赤井ふうと君。赤井ふうと君は実名だけでなく卒アルなどの顔画像まで特定されています。そんな赤井ふうと君は旭川実業高校を退学していました。今回は赤井ふうと一家が高校を退学し、夜逃げを始めている可能性について切り込みます。
廣瀬爽彩さんイジメ事件

保護中: 廣瀬爽彩さん(旭川いじめ)加害者の顔画像が可愛い!インスタ流出から判明「スクールカースト最上位だった」

北海道の旭川市に住んでいた廣瀬爽彩さんが自殺した事件。いじめ事件の加害者の実名が特定されています。今回は廣瀬爽彩さんを自殺に追いやった、旭川のいじめ加害者の実名、顔画像を特定しました。そしてネット上ではいじめ加害者の関係者が裏工作を働いている可能性が浮上。〔追記〕廣瀬爽彩さんの元担任は菅野美里と判明。